公認会計士試験関係

公認会計士試験制度!

本日平成24年の公認会計士試験 第2回短答式試験の合格発表がありました。

受験者 10,772名 合格者 454名 (合格率4.2%)

ここ2年間に続き,12月に比べ,非常に厳しい合格率となりました。

今日は,公認会計士試験の今後のあるべき制度について,考えを述べたいと思います。

まず,以下の,過去10年強の公認会計士試験の合格者状況を見てください。

~平成12年まで 論文合格者が600名~800名前後で推移

平成13年 受験者12,073名 短答合格3,436名 論文合格 961名(合格率8.0%)

平成14年 受験者13,389名 短答合格3,414名 論文合格1,148名(合格率8.6%)

平成15年 受験者14,978名 短答合格3,404名 論文合格1,262名(合格率8.4%)

平成16年 受験者16,310名 短答合格3,278名 論文合格1,378名(合格率8.4%)

平成17年 受験者15,322名 短答合格3,510名 論文合格1,308名(合格率9.0%)

平成18年以降,短答式2年間免除が導入されます。以下の数値からは,旧2次試験合格者はすべてのぞいています。

平成18年 受験者16,210名 短答合格5,031名 論文合格1,372名(合格率8.5%)

平成19年 受験者18,220名 短答合格2,560名 論文合格2,695名(合格率14.8%)

                  短答免除3,760名

平成20年 受験者19,736名 短答合格2,709名 論文合格3,024名(合格率15.3%)

                  短答免除3,532名

平成21年 受験者20,327名 短答合格2,289名 論文合格1,916名(合格率9.4%)

                  短答免除2,956名

平成22年 受験者25,060名 短答合格2,396名 論文合格1,923名(合格率7.6%)

                  短答免除2,481名

平成23年 受験者22,773名 短答合格2,231名 論文合格1,447名(合格率6.4%)

                  短答免除1,899名

平成24年 受験者17,500名 短答合格1,274名 論文合格 ?名(合格率 ?%)

            (予想)  短答免除1,983名

平成17年までは,短答式の免除もなく,短答式は年1回で3,000名以上合格し,そのうち1/3程度が論文式試験に合格する試験でした。

これは,短答式はあくまで上位者を絞り込む目的であり,比較的合格が容易。

論文こそ決勝戦という位置づけでした。

そして,平成18年から短答式の2年間免除が導入され,合格者が急増しています。

この3,000名の合格者を輩出する計画において,社会人等の幅広い方が受けれるようにするというコンセプトがありました。

これからのグローバル社会において,監査法人以外の様々な分野で公認会計士が活躍してほしいという崇高な理念に基づく改革でした。

この改革自体は間違っていないとも思っています。

その結果,短答式の免除を除いても2,000名~3,000名の方が短答式に毎年追加で合格することになりました。

しかし,平成21年から未就職者問題が始まります。これは,リーマンショック等の外部要因に起因する部分も大きいですが,

内部統制特需の際に,一気に合格者を増やしすぎたという,計画性のなさが根本の原因であると思います。

そのため,内部統制特需が一服すると,人員過多になってしまい,平成21年以降監査法人が採用を極端に絞り込むという状況になりました。平成20年までは3,000名の合格者がほぼ全員監査法人に行っていた状況から想定すると,激変と言っていいと思います。

この結果,未就職者問題に対応するために,合格者を1,916名,1,923名,1,416名と減少させました。

それにも関わらず,監査法人の採用が合格者を大きく下回ったため,昨今問題になっている未就職者問題が生じたのです。

この3年の合格者に,制度変更の不備の弊害が直撃してしまいました。

そのため,今年は,1,200名程度まで減らすのではないでしょうか。

このレベルに来ると,完全に旧試験の合格者と同じようなレベルになります。

この合格者水準が数年続けば,最近数年騒がれていたような未就職者問題は収束していくでしょう。

また,5年後には,人手不足と言い出すかもしれません。(冗談ではなくて,まじめです)

ただ,この話は以前も書きましたので,多くを述べませんが,今の日本の価値観では未就職者問題を解消することが最優先であると思いますので,方向性としては現実的だと思います。

どちらの方針を取るにしても,メリットデメリットは両方ありますので,一概には言えませんが,一つ言えることは,しっかり方針を決め,変更しないで頂きたいということ。

仮に,今後合格者水準を1,200名程度まで下げ続けるのであれば,

短答式の免除規定もすべて無くすべきであると思います。

会計大学院も短答式合格者の2年間免除もなくさないと。

そこはセットで直さないと,論文式よりも短答式の方が難易度が高くなるというおかしな状況になりかねません。

ましてや,マークシートの試験では,合格率が低すぎることは,運の要素も入ってくるので,望ましくありません。

また,短答式試験の難易度が高くなればなるほど,重箱の隅をつつくような細かな規定まで覚えなければいけません。

ますます,知識詰込型の対策も必要になり,応用力や論理的思考力を要請する方向性からも逸脱する危険があります。

既に,まずは短答式に特化するような本末転倒なカリキュラムまで誕生している状況です。

また,国家試験であるからこそ,会計大学院の免除規定のような不公平な制度は廃止すべきです。

一私学や一企業は不公平があっても当事者の問題です。

しかし,国家試験でそのようなことはあってはいけないと。そういう状況を放置することは,国民の不平不満がたまるだけです。

今後2年間は変更できませんが,早急に,長期的な合格者の規模を決定し,それに見合った試験制度への変更をするべきであると思います。

ここで,長期的と言っているのは,今度の変更で当面の最終変更にするべきという強い意味を持っています。

国家試験をコロコロ変えるわけにはいきません。

受験生にその影響が直撃します。

また,監査法人側にも,要望があります。それは,人員採用を長期的なビジョンに基づいて行ってほしいということです。通常の一般企業と違い,必要な時に必要な人材を取るという発想ではなく,業界全体に優秀な人材が集まり,魅力のある,質の高い業界を一緒に創り上げるということを目指してほしいと思います。

試験制度,監査法人,そして継続的な人材育成方針,すべてが連動してこそ初めて,業界の発展,真の資本主義社会を担う人材が養われると思います。

そのためは,単年ごとの状況で採用人数を大きく変動させるような状況をなるべく生まないように,

長期的な人材採用や人材育成の方針を検討していただきたいと思います。

だからこそ,しっかりと議論をし,長期的な視点から決定してほしいと強く願います。

良かったらぽちっと押してください!

にほんブログ村 資格ブログ 公認会計士試験へ

にほんブログ村

本試験を終えて!

昨日,公認会計士試験の短答式本試験がありました。


受験された方,本当にお疲れ様です。


今日は,CPAの学生が続々と結果を報告に来ています。

1か月後の発表まで,正確なことはわかりませんが,

自己採点により,


合格した人
残念ながら不合格であった人



勝負事であるため,どうしてもそれぞれの方がいます。


勝負事とはいえ,みんな本当にこの日のために,必死に頑張っているのをそばで見守っていたので,何とも言葉では表現できないような想いがあります。


その中で,素直な気持ちを述べたいと思います。



【今回の本試験の分析】

企業法

 かなり細かい論点を聞かれ,趣旨を理解していないと判定できない問題もあったため,知識の詰め込みだけでなく,しっかりと趣旨から理解しているのかが問われている問題が見受けられました。

 近年の難易度をかんがえますと,90点以上の点数が求められていると思います。



監査論

 監査の歴史等から,細かくかつ重要性も疑問符のつく問題も多く,試験委員の意図を判断しかねる問題も多かったと思います。

 受験生の実力が反映されずらい問題が多く,残念だなと思います。勘で当たった部分に影響される要素が強かったかなと。

 その中で,最低50点以上,できれば60点という点数が求められたと思います。



管理会計論

 計算の比重が戻ってきている印象です。計算問題は,最初の費目と勘定分析の問題以外は,基本的な問題が多かったので,いかに見極めをしっかり行い,計算問題をしっかりとれたのかが重要になったと思います。

 管理の計算は,基本的な知識をしっかりと理解していないと解けない問題(早く解けないも含め)が出題されますので,より,理解をしっかりと行いつつ,知識の漏れをなくす作業を行うことが大切だと思います。

 理論対策も範囲が広くなってきていますが,テキストに掲載されている論点をしっかりと理解することが大切です(計算の強化にもつながります)。

 今回は,60点以上の点数が求められていると思います。



財務会計論

 

 簿記(計算)

 前回の12月が以上でしたが,通常の難易度に戻ったという印象です。伝票や受託買付等の一部細かい論点も出題されましたが,その他は,大枠重要な論点から多く出題されていました。

 そのうえで,各問題ともある程度の難易度(極端に簡単や完全な埋没がなかった)になっていたため,実力が反映されやすい問題だったと言えます。

 簿記で80点以上の点数が求められていると思います。

 

 財務諸表論(理論) 

 近年に試験に比して,実力が反映されやすい問題だったと思います。多少細かい論点も出題されていますが,しっかりと理解に基づき対策をとっていた方は,満点も可能であったのではないかと思っています。

 財表で56点以上,できれば64点の点数が求められていると思います。



 今回の本試験の理想的な点数の取り方は,

 企業法90点 監査論60点 管理会計論60点 財務会計論148点

というような感じかなと思っています。


 合格ボーダーは,過去の経験則からいえば,70%(350点)が本命です。しかし,近年は受験人数や合格者人数の変動が激しいため,正確な予想は発表を待つまで何とも言えないというのが本音です。

 今回の難易度から検討し,70超になる可能性はほとんどないと思っています。

 そのうえで,全員正解や疑義問等の可能性を考え,68%以上の方は,可能性があると思いますので,論文の対策をお勧めします。


 




【合格したみなさんへ】


 本当に,本当におめでとう。5か月前の12月の短答式試験からこの5か月間,経験した人しかわからない,苦労がたくさんあったと思います。

その中で,やりきり,結果を出したこと,心から尊敬し,おめでとうと伝えたい。


その上で,まだ,8月の論文式本試験が残っている。もう一勝負ある。

だからこそ,ここで気を抜かずに,8月まで走り切ってほしい。


この3か月間どう過ごすかで,結果が大きく変わってしまいます。


一人ひとり,現状は違うと思います。

だからこそ,しっかり計画を立て,8月に向けてベストの体制を一緒に整えていきましょう。




【残念ながら不合格であったみなさんへ】


 本当にお疲れ様でした。

 まだ,昨日の今日で,色々と整理のついていない状況であると思います。

 結果に関わらず,今日まで頑張り,今日という日にたどり着いたことを誇りに思い,自分をほめてあげてほしい。


 ここまで頑張ってきたことは,本当に素晴らしいことで,その過程で本当に成長しているということを伝えたい。



 その上で,みんなの気持ちを十分に分かっているからこそ,以下のことを一つずつ行ってほしいです。


1.心の整理をつける

 

 結果を受け入れ,自分の中で切り替えてほしい。

 それが,難しいことは知っているが,まずは,気持ちの整理をつけることから始めてほしい。

 

 気持ちの整理をつけ,これからのことに目を向けてほしい。



2.公認会計士になりたいのかを素直に自分に問いかける
 

 自分の本当に素直な気持ちに問いかけてほしい。就職をするのか,公認会計士を目指すのか。ここは,一人ひとりがしっかりと考えて決断をするほかないのだと思う。



 公認会計士の魅力は,こちらを参照してください。

 http://ameblo.jp/cpakunimi/entry-11259649687.html



 その上で,一つ伝えておきたいこと。

 

それは,人生は本当に長い。今は,これからの1年間が本当に長く感じるかもしれないが,10年後,20年後から見れば,若いうちの1年なんてほんと関係ないと思えるようになる。


 だからこそ,自分の素直な気持ちに問いかけ,公認会計士になりたいという気持ちがあるのであれば,諦めずに,頑張ってもらいたい。

社会人になると,生活に占める仕事の割合は半分以上になるので,どんな仕事をするかということは,非常に重要なことである。自分は,一人でも多くの人が,一生に一度の人生,自分のやりたい仕事をして,イキイキとした生活を送って欲しいと思っている。

 将来,あの一年で本当に成長できた,あの一年があったからこそ,今の自分があるといえる一年にしてもらいたいと思う。


3.原因分析をしっかりし,最善の計画を立てる


 原因分析をしっかりしてほしい。一人ひとり原因は違うけれど,この原因をしっかりと分析し,12月までに必ず改善していく計画をたててほしい。

 正しい原因分析を行い,正しい対応策を立てれば,おのずと結果はついてくる。

だからこそ,この段階は,我々講師陣と一緒にしっかりと考え,正しい計画を立てていきたいと思っています。

 


4.まずは計算力の強化をする

 

 今回の本試験でも,簿記と管理会計の計算力が大きな勝負の分かれ目になっていると思う。やはり,計算科目でしっかりと点数をとれるようになることは,安定して高得点を獲得するためには不可欠だと感じています。



 だからこそ,まずは,8月末までに,計算力の強化に努めてもらいたいです。その上で,9月以降に理論科目を徹底的に仕上げていく。

 簿記と管理を再度,本質の理解から徹底的に鍛えなおす。そのうえで,問題演習を行い,精度を磨く。この地道な基本に立ち戻る作業を通じ,本物の計算力を養ってもらいたいと思っています。

 私も,簿記の圧縮講義全20回を担当します。講義の中で,本質の理解から説明することで,簿記が得意になったといえるようにサポートしていきます。


 ちなみに,CPAの学生さん以外も無料体験という形で全20回すべてに参加できますので,簿記を強化したい方は,是非参加してみてください。


 簿記圧縮講義に興味ある方は下記を参照してください

 http://www.cpa-net.jp/keiken/14_experience/index.html








 私は,人生,大きな壁にぶつかった時が勝負だと思っている。うまくいっている時ではなく,壁にぶつかった時に頑張ることができるのかで大きく変わるのだと信じている。

 誰でも長い人生,何度か大きな壁が来る。その時に,踏ん張れたのかどうか。

 みんなにとっては,その壁の一つが今なんだと。


 だからこそ,ここが踏ん張りどころ!!

一緒に頑張っていき,来年の合格を勝ち取って行きましょう!!


 いつでも,『絶対に合格するという決意だけ持って』相談に来てほしい!


 正しい原因分析を行い,正しい計画を立てるために。

  

 一人ひとりが自分自身の将来のために,強い意志を持って進んでいくことを心から願っています。



 応援しています。

 


 国見



財務会計論解答速報 24年5月公認会計士短答式試験

【注意】 この解答速報は,私個人の見解に基づくものであ

り,東京CPAの正式な解答速報ではありません。



問題1  5

問題2  5

問題3  3 

問題4  1

問題5  1

問題6  2

問題7  2

問題8  3

問題9  3

問題10  4

問題11  1

問題12  2

問題13  2

問題14  5

問題15  1

問題16  5

問題17  4

問題18  3

問題19  2

問題20  2

問題21  5

問題22  4

問題23  4

問題24  4

問題25  5

問題26  4

問題27  1

問題28  2

問題29  3

問題30  3

問題31  5

問題32  1

東京CPAの解答速報ページはこちら

http://www.cpa-net.jp/keiken/index.html

監査論解答速報 24年5月公認会計士短答式試験(修正版)

【注意】 この解答速報は,私個人の見解に基づくものであり,東京CPAの正式な解答速報ではありません。



問題1  2 

問題2  1

問題3  5

問題4  2

問題5  3

問題6  4

問題7  4

問題8  4

問題9  3

問題10  3

問題11  5

問題12  4

問題13  3

問題14  3

問題15  2

問題16  4

問題17  1or2

問題18  4

問題19  2

問題20  1

東京CPAの正式な解答速報ページはこちらをご参照ください。

http://www.cpa-net.jp/keiken/index.html

管理会計論解答速報 24年5月公認会計士短答式試験(修正版)

【注意】 この解答速報は,私個人の見解に基づくものであり,東京CPAの正式な解答速報ではありません。



問題1  5

問題2  3

問題3  3

問題4  5

問題5  4

問題6  2

問題7  3

問題8  1

問題9  5

問題10 1

問題11 2

問題12 4

問題13 4

問題14 4

問題15 3

問題16 3

問題17 1

問題18 1

問題19 5

問題20 5

東京CPAの解答速報ページはこちら

http://www.cpa-net.jp/keiken/index.html

企業法解答速報 24年5月公認会計士短答式試験



【注意】 この解答速報は,私個人の見解に基づくものであり東京CPAの正式な解答速報ではありません。



問題1  3

問題2  5

問題3  2 

問題4  2

問題5  4

問題6  3

問題7  4

問題8  5

問題9  2

問題10  3

問題11  1

問題12  3

問題13  3

問題14  3

問題15  1

問題16  2

問題17  2

問題18  4

問題19  2

問題20  5

東京CPAの正式な解答速報ページはこちらをご覧ください

http://www.cpa-net.jp/keiken/index.html