公認会計士試験関係

公認会計士短答式本試験 監査論解答速報 平成27年12月

本試験お疲れ様です。

公認会計士短答式本試験の管理会計論解答続報になります。

東京CPA会計学院の正式な解答速報及び解説は、下記のWEBサイトをご確認ください。

http://www.cpaonline.jp/html/newpage.html?code=241

1512answer320-tw

問題1  4(B)

問題2  6(A)

問題3  5(A)

問題4  4(A)

問題5  3(C)

問題6  2(B)

問題7  6(B)

問題8  1(B)

問題9  3(A)

問題10  5(A)

問題11  6(A)

問題12  4(A)

問題13  5(A)

問題14  4(B)

問題15  4(B)

問題16  解なし(or2)(C)

問題17  2(A)

問題18  6(A)

問題19  1(B)

問題20  1(A)

※ 問題16について修正をしました。

 

東京CPA会計学院の正式な解答速報及び解説は、下記のWEBサイトをご確認ください。

http://www.cpaonline.jp/html/newpage.html?code=241

1512answer320-tw

公認会計士短答式本試験 管理会計論解答速報 平成27年12月

本試験お疲れ様です。

公認会計士短答式本試験の管理会計論解答続報になります。

東京CPA会計学院の正式な解答速報及び解説は、下記のWEBサイトをご確認ください。

http://www.cpaonline.jp/html/newpage.html?code=241

1512answer320-tw

問題1   5(A)

問題2   4(C)

問題3   2(A)

問題4   2(A)

問題5   2(B)

問題6   3(A)

問題7   1(A)

問題8   3(A)

問題9   3(A)

問題10   5(A)

問題11   1(B)

問題12   2(or1)(C)

問題13   3(B)

問題14   5(A)

問題15   4(B)

問題16   4(B)

 

東京CPA会計学院の正式な解答速報及び解説は、下記のWEBサイトをご確認ください。

http://www.cpaonline.jp/html/newpage.html?code=241

1512answer320-tw

公認会計士短答式本試験 企業法解答速報 27年12月

本試験お疲れ様です。

公認会計士短答式本試験の企業法解答続報になります。

 

東京CPA会計学院の正式な解答速報及び解説は、下記のWEBサイトをご確認ください。

http://www.cpaonline.jp/html/newpage.html?code=241

1512answer320-tw

 

 

問題1   6(A)

問題2   1(B)

問題3   4(A)

問題4   2(B)

問題5   2(A)

問題6   3(A)

問題7   5(A)

問題8   3(B)

問題9   6(A)

問題10   2(A)

問題11   3(A)

問題12   1(A)

問題13   4(A)

問題14   5(B)

問題15   3(A)

問題16   4(A)

問題17   3(A)

問題18   5(A)

問題19   6(B)

問題20   3(B)

 

東京CPA会計学院の正式な解答速報及び解説は、下記のWEBサイトをご確認ください。

http://www.cpaonline.jp/html/newpage.html?code=241

1512answer320-tw

 

とうとう公認会計士試験短答式本試験前日!やったりましょう!

明日はとうとう公認会計士試験の短答式本試験!

 

多くの人がこれまで、多大な時間を費やしてきたものを

ぶつける勝負の日、それが本試験日!

 

教育者側からの願いは,当然全員合格!

受験生ひとり一人に,言葉では言い表すことができない,努力の軌跡があるので、心から合格してほしいと願っています。

 

しかし、勝負の世界なので,この関門を突破しなければいけません。

その中で,この決戦前日に,最後に伝えたいことは,

試験後に,

できる限りのことはやった

自分の今の力は出し切った

後は合格発表を待とう

という状況で向えてほしいということに尽きます。

 

そのために,最後のアドバイスが,いつもの繰り返しになりますが、

『平常心』を保つ

です!!!

 

実力を出すためには,平常心がとても、とても、大切。

いい意味での緊張感を感じながら,1日平常心を保つ。

    様々な想定外のことが起こったとしても、平常心を保ち続ける。

最後に伝えたいことは,これだけです。

      想定外の問題が出題された場合、極端に難易度が高かった場合出でも、

   相対試験の公認会計士試験に置いては、平常心を保てた方が大きく有利になります。

   周りの人が平常心を保ちづらい状況を逆にラッキーと思えるぐらいの心境で臨んでほしいと思います。

人は,多くの時間や労力を費やしてきたものほど,プレッシャーを感じます。

ましてや,公認会計士試験の様に多くのものを費やして来れば当然です。

その中で,プレシャーに負けて,がちがちに緊張して,実力を出し切れない人と

 

平常心を保つことができ,実力を出し切れる人で,結果は大きく変わってしまいます。

だからこそ,最後に,平常心を保ちやすくするアドバイスを送ることにします!

 

平常心を保てる人はどうしているのか。

まず,誤解しないでほしいのは,全員にプレッシャーはかかってきているということ。

プレッシャーがないのではなく,プレッシャーを乗り越えている状況にあります。

様々なプレッシャーがかかる中で,

今自分にできることを冷静に把握し,

本番当日は,実力を出すことに専念できるメンタル状態に持っていけているだけということを、自分自身に強く言い聞かせてほしいと思います。

 

だからこそ,今から大事なことは,実力を出し切ることだけ。

そのためには,やれるだけのことはやった。あとは,思いっきり,ぶつけてこようと

いうメンタルの状態にマインドコントロールすることです。

 

自分の合格するイメージだけを持って,後はやりきるだけ。

絶対合格できると信じて、後はやりきるだけ。

もちろんそれを支えてくれるのは,今日までの努力です。

でも、本番という舞台まで来た自分を心の底から信じて,

後は,普通に自分の実力を出すことに専念する。

    

   人は見えないものに不安を感じる生き物です。問題が配られる直前が一番プレッシャーを感じます。それでも、試験が始まったら、リラックスして集中してほしいです。

 

そのために,以下のことを大切にしてほしいと思います。

1.この舞台まで到達した自分自身を褒め,信じること

2.試験中絶対に合格できるというポジティブなイメージだけを, 持ち続けること

3.できる問題だけできれば合格できると,思い続けること

4.できない問題に遭遇したら,みんなできないと思い, できる問題だけに集中すること

5.本番中に,少しでも焦ったら, 10秒間大きく深呼吸をして,落ち着くこと

6.1点でも多くの点数を取ることに,意識を集中し続けること

7.終わった科目のことを考えないこと(次の科目に集中する)

8.1%でいいので、心に余裕を持ち続けること

 

本試験の間、色々なことが起こると思います。

その中で,『平常心』を保ち,普通に,普通に,実力を出して,走り抜けてほしいと思います。

やれることはやってきたはずです。

あとは,みなさんの実力を思いっきりぶつけてきてほしいと思います。

今日まで、頑張りぬいてきた皆さん全員に合格の可能性があります。

あとは、自分自身の今までの積み重ねてきた力を信じて、頑張ってきてください!!

 

『合格祈願!』

   今日と明日、平常心を大切に、走りに抜きましょう!

   心から応援しています!

   

明日の夜に、美味しいお酒を一緒に飲みましょう!!

公認会計士平成27年12月短答式出願状況から見えること!

本日1127日に、公認会計士監査審査会から、平成2712月公認会計士短答式本試験の出願状況が公表されました。

 

願書提出者数は、7030名と昨年の7,207名から若干の減少となっています。足元で学習を開始する方は増加しているので、もしかしたら微増するかと思いましたが、微減という結果でした。

 

今日は、今後の公認会計士試験の分析をしてみたいと思います。

  続きを読む

公認会計士 短答式まであと2週間で留意してほしい3つのこと!

本日、12月向けの短答式模擬試験の第3回が終わり、

公認会計士 短答式本試験まで残り2週間となりました。

 

もう、泣いても笑っても本試験は目の前ですね。

 

模試でいい結果を残せた方も、いまいちな結果に終わった方も、

残りの期間でベストを尽くして、本番で実力を出し切ってほしいと思います。

 

過去の受験生でも、本試験で過去最高点を取って合格している方も多くいますので、
最後まであきらめずに、できることに集中してほしいと思います。

 

今日は、本番でいい結果を出すために、残りの期間で行ってほしい『3つ』のことを書いていきたいと思います。

  続きを読む

公認会計士試験 論文式成績通知書における得点比率について!その②

公認会計士試験の論文式本試験での得点比率についての続きの情報を説明していきます。

 

何が起こったのかは、昨日書いた以下のブログを参照してください。

『公認会計士試験 論文式成績通知書における得点比率について!』

https://cpakunimi.com/message-20151115.html

 

 

1.現時点での合格者について

現時点での合格者の方もソワソワしていると思いますが、現時点での合格という結果が覆る可能性はまずないと考えていますので、安心してほしいと思います。

過去にも、公務員試験・医師国家試験などで何かしらのミスで追加の合格者が出た事例はありますが、取り消した事例は現時点では確認できていません。

そのため、現時点で合格している皆さんは、安心して就職活動をしてほしいと思います。

続きを読む

来年の公認会計士論文式試験に向け始動する皆さんへのアドバイス!

 

公認会計士試験の論文式の合格発表も終わりました。 今年は、成績通知書における企業法の偏差値などで、議論も巻き起こっておりますが、個人的には、監査審査会が、企業法における集計ミスを認め、追加合格をする方向に向かうのではないかと思っています。

 

この問題に関しましては、明日以降も情報を集め、わかり次第再度ブログにUPします。

現時点での情報は、以下のブログを参考にしてください。

 

公認会計士試験 論文式成績通知書における得点比率について!

https://cpakunimi.com/message-20151115.html

 

その上で、本日は、来年の論文式本試験に向けて再始動する方にアドバイスを送りたいと思います。

また、今日のアドバイスは、厳しく聞こえるかもしれません。

しかし、皆さんが接する私以外の方は、優しい言葉を掛けてくれるはずです。だからこそ、敢えて厳しい言葉を掛けたいと思います。

続きを読む

公認会計士試験 論文式成績通知書における得点比率について!

論文式本試験の成績通知書の偏差点について、異常点の報告が多く寄せられています。 このことについて、気になっている方も多いと思いますので、現時点で判明している情報と、その情報から私が感じることを述べたいと思います。

 

1.そもそも偏差点とは

公認会計士の論文式試験では、偏差値により合否が決定していると理解してください。得点比率52%以上が合格というのは、偏差値52以上の方が合格ということとほぼ同義を意味しています。

そして、各科目ごとに得点比率(偏差点)を算出し、その合計数値を科目数で除すことによって、総合成績における得点比率(偏差値)を算定しています。

続きを読む

平成27年度 公認会計士試験合格概要と今後の予想!

本日は、平成27年度の公認会計士試験の合格発表が行われました。 合格されたみなさん、本当におめでとうございます!

心から、お祝い申し上げます。

 

皆さんの努力が実った結果ですので、自分自身を心から褒めてあげてほしいと思います。

今日は、各学校さん主催の合格祝賀会に参加する方も多いと思います。

 

家族・勉強仲間・講師などと、心から合格の喜びを分かち合ってください。

今日ぐらいは、羽目を外していいと思います(外し過ぎて、警察だけには連行されないでくださいww)

 

以下では、本年度の試験概要と、今後の試験制度の推移を観ていきたいと思います。

続きを読む