公認会計士試験関係

日商簿記検定の出題範囲が大幅に改定!!

日商簿記検定の試験範囲が、来年度の平成28年から大幅に改定になることが発表になりました。

 

本年度平成27年は従来通りで行われますので、来年の平成286月の検定試験から段階的に大幅に変更になることになります。

日商簿記1級を受験する方は大きな変更はないので、公認会計士の学習を行いつつ、日商簿記1級を受験する方には大きな影響はないですが、日商簿記3級を受ける方や、日商簿記2級を受ける方には、とても大きな影響があります。

 

詳しい変更内容は、下記の東京CPA会計学院のブログを参照してください!

日商簿記検定の試験出題範囲区分表が改定!受験生はどう対応する?

 

今回の改定は、個人的にはとても望ましいものだと思います。

帳簿組織や特殊商品売買などの実務であまり必要のない論点が、2級から削除され、その分、その他有価証券・関係会社株式の会計処理やリース会計・連結会計の基本が2級に入るなど、必要な知識をしっかりと検定試験でも出題しようという方向性を感じます。

 

その分、日商簿記2級という資格の重要性が高まり、かつ、難易度の高まると思うので、当改正後に2級を独学で取得する難易度は上がることが想定されます。
そのため、本質論ではないですが、2級の取得を検討されている方は、平成27年度中に取得する方が取得しやすい可能性が高いと思います。

 

また、正直に言って、日商簿記試験も公認会計士試験も、会計の学者を育てるのではなく、実務で活躍できる会計人材を育てる目的のはずが、現行の試験では実務でほとんど必要のない知識まで出題範囲に残っていると言えます。

 

ただでさえ、会計基準の複雑化や、グローバル化の中でIFRSなどの知識も必要になる中で、必要のない知識は試験範囲からどんどん除外していく動きは、公認会計士試験でも実施してほしいなと感じます。

 

・帳簿組織全般

・特殊商品売買の原価率の算定

・総記法、分記法

・本支店会計の未達事項の実際到達日基準

・有形固定資産の交換
・キャッシュフロー計算書の直接法(理論上は望ましいが、実務ではほぼ使われていないし)

・自己受為替手形・自己宛為替手形

・減価償却費などの級数法

・実際原価計算における複雑な仕損・減損の按分(管理会計ですが)

etc

のように、個人的には試験範囲から除外した方がいいなと感じる論点は多々あります!

社会に貢献できる会計人材が増えるためにも、望ましい方向の改正は積極的に取り組まれることを期待します。

 

それにしても、日商簿記検定の出題範囲が、これだけ大幅に改正されるところを見ると、商工会議所の本気を感じますね!!

公認会計士試験合格率40%超を達成する東京CPA会計学院の
通学講座・通信講座の申込や教材の購入は,HPまたはCPAオンライン校から!!


公認会計士のお仕事と正体がよーくわかる本』
公認会計士に関する勉強方法や合格後の各キャリアの魅力など,色々書いていますので,勉強中の方も,これから学習を検討している方も,
是非読んでもらえればと思います。

公認会計士のキャリアに役立つ情報やイベント情報は下記の若手CPAコミュニティのサイトをご覧ください!

公認会計士のキャリアに関する情報や転職情報は、下記のカイケイネットをご覧ください。

様々な会計プロフェッションのキャリアを知りたい方は,下記のアカウンタンツマガジンにご登録ください!

以下のブログランキングに参加していますので,

ブログの内容が参考になりましたら、下記のボタンを,ぽちっとお願いします。

5月短答式本試験の傾向予想

公認会計士試験の5月短答式試験を受ける方は、5月の短答式試験の傾向がどうなるのかが気になっていると思います。

もちろん、大事なことは目の前の学習に集中し、合格レベルの実力を養成することなのですが、それでも気になる方もいると思いますので、現時点で想定できることについて説明していこうと思います。

 

1.合格人数について

 論文式合格者を昨年と同程度の1,076名程度にする場合には、今年の短答式本試験で1,500名の合格者が必要になります。また、1,020名程度に減少させる場合には、1,350名程度になると予想されます。

 12月の本試験で、ボーダーを60まで下げて883人合格させたことを勘案すると、合格者をこれ以上大きくは減らしたくないという意図が見受けられます。

よって、さすがに、合格者を1,000名以下にすることは想定しづらいので、今年の短答式合格者は、1,350名から1,500名程度の間になる可能性が一番高いと思っています。

 その場合、12月の試験で883名が合格しましたので、差し引くと、470名から620名程度になります。

 

2.合格率について

 次回の5月の受験者数は、欠席者を除けば、実質4,500名を下回ってくるのではないでしょうか。そのため、実質合格率は、10%~14%程度になる可能性が高いと思います。

 12月の合格者・短答免除者を除いたうえでの上記合格率ですので、絶好のチャンスだと思います!!

 

3.難易度について

 問題の難易度については、前回の12月が60%であったため、通常は70%が基準ですが、5月もある程度難しめに出題され、ボーダーが60%~65%の間ぐらいになるのではないでしょうか。

 そのため、ある程度難しい問題が出題されることが想定されるため、難易度の高い問題の中でも、拾う問題を確実に拾う練習を積んでもらえればと思います。

 

4.出題形式について

 12月は、6択の問題が増えたり、財務会計論の総合問題が1問であったり、色々出題の傾向が変化してきています。どのような出題形式の傾向になるかを、1回・2回の試験で決めるけるのはよくないので、以前の出題形式も頭には想定しつつ、12月と同じ傾向の可能性が高いと思います。

 そのため、6択対策や、総合問題が1問になった場合になれるようにしてください。その辺は、今後の短答答練や模擬試験棟で慣れてもらえれば十分だと思います。

 

 以上のような予想が、現時点での感覚になります。

 不確定な要素も多分にありますが、参考にしてもらえればと思います!!

東京CPA会計学院の通信講座の申込や教材の購入は,CPAオンライン校から!!

 
公認会計士のお仕事と正体がよーくわかる本』
公認会計士に関する勉強方法や合格後の各キャリアの魅力など,色々書いていますので,勉強中の方も,これから学習を検討している方も,
是非読んでもらえればと思います。

公認会計士のキャリアに役立つ情報やイベント情報は下記の若手CPAコミュニティのサイトをご覧ください!

公認会計士のキャリアに関する情報や転職情報は、下記のカイケイネットをご覧ください。
 

様々な会計プロフェッションのキャリアを知りたい方は,下記のアカウンタンツマガジンにご登録ください!

以下のブログランキングに参加していますので,

ブログの内容が参考になりましたら、下記のボタンを,ぽちっとお願いします。

 

 

公認会計士 平成27年度 12月短答式試験 合格発表!

今日は、公認会計士試験の12月短答式試験の合格発表でした。

 

願書提出者 7,207

受験者     5,548

合格者       883

合格率      15.9

という結果でした。

 

昨年の12月が、受験者5,971人 合格者1,003人 合格率16.8

であったことを考えると、昨年並みの合格水準となります。

 

ただ、難易度が高かったためにボーダーは全員正解を含め60%と大きく下がりましたね。

 

今日、合格された方は本当におめでとうございます。

しかし、本番は8月の論文式試験です。

気を引き締めて残り7か月余りの間頑張っていきましょう!

 

また、今回残念な結果になった方も、まだまだ5月が残っています。

5月・8月と合格すれば、何の問題もないですので、子持ちを切り替えて頑張ってほしいと歩もいます。

 

まず、今回短答式試験に合格された方の論文対策について

論文式試験は、2科目試験科目が増え、かつ、論述式であり、考え方・理解を問う問題が多く出題されます。

そのため、新しい2科目を早急に強化しつつ、論述対策と応用力を養うことが必要になります。
応用力や論述対策を行う上で大切なのが、
論点ごとの理解と、論述の骨格を抑えることです。

理解については、しっかりと論点ごとに、全体像から各論のつながりを意識して、自分の言葉で説明できるように心がけてください。

論述については、テキストおよび論証等で模範解答の文章に慣れることと、骨格を理解し、暗記することに意識をおいてほしいです。

骨格を理解して覚えるというのは、例えば、10行とか20行の文章があったとしましょう。
これを一言一句暗記するのは、効率も悪ければ、応用力も養われないので良くないやり方です。それよりは、文章の大きな骨格と、重要キーワードを暗記することが大切です。

変な例えですか、自己紹介の文章があったとしましょう!
名前・住所・趣味・仕事・将来の目標について、色々書いてあるとします。
この時に、名前・住所・趣味・将来の目標というのが骨格で、最低限何を書かなければいけないかは暗記することが求められます。さらに、骨格ごとに重要キーワードは外さないことも大切です。それを覚えてかければ、配点のうち6割以上の点数は来ると思います。
そして、あとは少しでも文章を肉付けして覚えていけば、7割・8割と得点が加算されます。

いくら文章を丸暗記しようとしても、骨格が一つでも抜ければ大幅減点になります。
また、覚えた文章を書こうと意識しすぎて、問題に答えていないということも生じやすくなります。
そのため、骨格をしっかり暗記し、問題を見た際に、まず骨格の構成をじっくり考え、論点を外さないことが大切です。また、完全に間違っている答案を書かないことも重要です。

そのため、まずは、論点を理解し、すべての論点の骨格を暗記することで、どの問題に対しても間違った答案を書かずに、論点を抜けさずに書けるようになると思います。

そのような対策をしっかり行うようにしてください。
講義を受け、しっかりとテキストと論証集を抑え、答案練習で実地訓練を行う。

 

【論証集】
 財務会計論(理論)

 管理会計論(理論)
 企業法
 租税法 経営学問題集
   http://www.cpaonline.jp/shopbrand/007/003/X/
【答案練習】
 上級答練・・各科目4回から5回 
   http://www.cpaonline.jp/shopbrand/007/005/X/
 直前答練・・各科目4回      
   http://www.cpaonline.jp/shopbrand/007/006/X/

 

次に、5月の短答式を目指す方へ

まず、次回5月の短答式試験は、論文合格者を減らさないと考えると
受験者は5,000名台で、合格者は650名程度になると予想されます。

論文合格者さらに削減させる場合には500名程度、合格者を少し増やすのであれば800名程度になります。
よって、500名から650名としても合格率は10%~13%程度あり、かつ、12月の合格者を除いての勝負ですので、非常にチャンスがあります。
正しい対策をすれば、全員に合格の可能性はありますので、切り替えて頑張ってほしいと思います。

その際に、5月の短答式を目指す方は、まずは理解強化を優先してほしいと思います。
5月の短答式で合格するだけでなく、論文式試験に合格するためにも理解が欠かせません。
 
CPA
では、理解を最優先しています。
その結果、
例年、短答免除者は75%程度が翌年論文式試験に合格
12
月短答式合格者の80%程度が一気に論文まで合格
5月短答式合格者の40%程度が一気に論文まで合格しています。
これは、理解をしているからこそ、論文式でその威力を大きく発揮しているためです。

短答により確実に合格するためにも、論文式に合格するためにも理解はとても重要です。

 

そのため、今回不合格だった方は、科目ごとに、どの論点の理解が足りないのか、定着が足りないのかを分析し、3月末までは理解の強化、4月5月で定着の強化がおすすめです。
では、理解をするために何をするべきか。
自習で理解を確認できる方は問題ないですが、自信がない方は講義を見直すこともおすすめです。
そのうえで、定着のために
徹底的にテキストの読み込みと短答問題集をやりこんでほしいと思います。

理解が不足しているのか、定着が不足しているのかは、しっかりと現状分析を行い、科目ごとに最適な対策をとってほしいです。
CPA
生以外の方には、理解のためには圧縮講義を定着のためには短答式問題集がおすすめですので、参考にしてください。また、5月から試験範囲になる、改正論点講義も独学の方は是非受講してみてください。

圧縮講義(テキスト付)・・ http://www.cpaonline.jp/shopbrand/006/002/X/
短答対策問題集    ・・   http://www.cpaonline.jp/shopbrand/006/001/X/
改正論点講義     ・・ http://www.cpaonline.jp/html/newpage.html?code=192
今回の経験をプラスにできるか否かは、これからの行動にかかっています。
8月の論文後に、後悔しないように、一日一日を大切に過ごしていきましょう!

平成27年度 公認会計士試験第Ⅰ回短答式本試験 ボーダー予想!!

公認会計士試験短答式本試験を受けられた皆さん、

本当にお疲れ様でした。

 

一日たち、問題の難易度も高く、もやもやしている人も多いと思います。

大切なのは、今回の結果にかかわらず、8月の論文で合格点を取ることです。

そのためには、5月の短答だろうが、8月の論文だろうが、この発表までに1か月間に実力を高めることこそが、合格の可能性を高める最善の方法であることは十分に理解していると思います。

 

そのうえで、ボーダーが気になってしょうがない。

まだまだ、気持ちの切り替えができないという方が多いであろうことも120%理解していますし、共感しています。

 

なので、今の情報で伝えれる範囲で、率直なボーダー予想をしていきます。

誤解しないでいただきたいのは、専門学校としては、自分の学校のイメージを浴するために、ボーダーを高く出す傾向がありますが、わたくしの予想や、東京CPA会計学院が出す予想は、まっすぐにボーダーを予想していきます。

 

それこそが、受講生の皆さんに正しい情報を伝え、
皆さん一人ひとりの最善の意思決定につながると信じているからです。

 

そのうえで、結論から延べますと、

ボーダーは、63%~64%で、800人合格が本命と予想します。

 

合格人数が読めない中でのボーダー予想なので、仮に今回の短答で1,000名程度合格者が出るのであれば、ボーダーが61%~62%程度まで下がる可能性もあると思います。

 

 

では、上記の予想をした理由を以下で述べたいと思います。

 

平成27年12月 公認会計士試験 短答式 財務会計論解答速報

財務会計論の解答速報

問題1  3

問題2  6

問題3  2

問題4  2

問題5  3

問題6  4

問題7  4

問題8  1

問題9  6

問題10  2

問題11  2

問題12  4

問題13  6

問題14  1

問題15  5

問題16  2

問題17  5

問題18  5 
問題19  1

問題20  4

問題21  5

問題22  3
問題23  5

問題24  1

問題25  2

問題26  1

この解答速報は,私個人の見解に基づくものであり,
東京CPA会計学院の正式な解答速報ではありませんので,よろしくお願いします。

東京CPA会計学院の正式な解答速報ページは
こちら ↓↓ のCPAHPをご確認ください。12月7日21時30分UP予定!

 

 

 
公認会計士のお仕事と正体がよーくわかる本』
公認会計士に関する勉強方法や合格後の各キャリアの魅力など,色々書いていますので,勉強中の方も,これから学習を検討している方も,
是非読んでもらえればと思います。

公認会計士のキャリアに役立つ情報やイベント情報は下記の若手CPAコミュニティのサイトをご覧ください!

様々な会計プロフェッションのキャリアを知りたい方は,下記のアカウンタンツマガジンにご登録ください!

 

以下のブログランキングに参加していますので,

ブログの内容が参考になりましたら、下記のボタンを,ぽちっとお願いします。

 

平成27年12月 公認会計士試験 短答式 監査論解答速報

監査論の解答速報

問題1  1

問題2  4

問題3  審議中

問題4  3

問題5  5

問題6  2

問題7  5

問題8  1

問題9  6

問題10  1

問題11  1

問題12  2

問題13  4

問題14  5

問題15  4

問題16  3

問題17  2

問題18  2

この解答速報は,私個人の見解に基づくものであり,
東京CPA会計学院の正式な解答速報ではありませんので,よろしくお願いします。

東京CPA会計学院の正式な解答速報ページは
こちら ↓↓ のCPAHPをご確認ください。12月7日17時45分UP予定!

 

 

 
公認会計士のお仕事と正体がよーくわかる本』
公認会計士に関する勉強方法や合格後の各キャリアの魅力など,色々書いていますので,勉強中の方も,これから学習を検討している方も,
是非読んでもらえればと思います。

公認会計士のキャリアに役立つ情報やイベント情報は下記の若手CPAコミュニティのサイトをご覧ください!

様々な会計プロフェッションのキャリアを知りたい方は,下記のアカウンタンツマガジンにご登録ください!

 

以下のブログランキングに参加していますので,

ブログの内容が参考になりましたら、下記のボタンを,ぽちっとお願いします。

 

平成27年12月 公認会計士試験 短答式 管理会計論解答速報

管理会計論の解答速報

問題1  6

問題2  3

問題3  3

問題4  1

問題5  2

問題6  6

問題7  3

問題8  解なし

問題9  1

問題10  4

問題11  4

問題12  1

問題13  4

問題14  6

問題15  2

問題16  2

この解答速報は,私個人の見解に基づくものであり,
東京CPA会計学院の正式な解答速報ではありませんので,よろしくお願いします。

東京CPA会計学院の正式な解答速報ページは
こちら ↓↓ のCPAHPをご確認ください。12月7日17時45分UP予定!

 

 

 
公認会計士のお仕事と正体がよーくわかる本』
公認会計士に関する勉強方法や合格後の各キャリアの魅力など,色々書いていますので,勉強中の方も,これから学習を検討している方も,
是非読んでもらえればと思います。

公認会計士のキャリアに役立つ情報やイベント情報は下記の若手CPAコミュニティのサイトをご覧ください!

様々な会計プロフェッションのキャリアを知りたい方は,下記のアカウンタンツマガジンにご登録ください!

 

以下のブログランキングに参加していますので,

ブログの内容が参考になりましたら、下記のボタンを,ぽちっとお願いします。

 

平成27年12月 公認会計士試験 短答式 企業法解答速報

企業法の解答速報

問題1  4

問題2  1

問題3  5

問題4  5

問題5  4

問題6  5

問題7  5

問題8  6

問題9  3

問題10  6

問題11  3

問題12  6

問題13  4

問題14  1

問題15  4

問題16  3

問題17  5

問題18  2

この解答速報は,私個人の見解に基づくものであり,
東京CPA会計学院の正式な解答速報ではありませんので,よろしくお願いします。

東京CPA会計学院の正式な解答速報ページは
こちら ↓↓ のCPAHPをご確認ください。12月7日17時45分UP予定!

 

 

 
公認会計士のお仕事と正体がよーくわかる本』
公認会計士に関する勉強方法や合格後の各キャリアの魅力など,色々書いていますので,勉強中の方も,これから学習を検討している方も,
是非読んでもらえればと思います。

公認会計士のキャリアに役立つ情報やイベント情報は下記の若手CPAコミュニティのサイトをご覧ください!

様々な会計プロフェッションのキャリアを知りたい方は,下記のアカウンタンツマガジンにご登録ください!

 

以下のブログランキングに参加していますので,

ブログの内容が参考になりましたら、下記のボタンを,ぽちっとお願いします。

 

 

 

平成26年公認会計士試験 合格実績速報!!

1114日に,平成26年度の公認会計士試験の合格発表が行われました。

本年度は,受験者10,712人 合格者1,076人 合格率10.0%でした。
(旧2次試験合格者である会計士補を除く。私が合格状況を分析する時は,会計士補は常に除いています。)

合格者の平均合格年齢は,26.8

 

なんと,今年の東京CPA会計学院の合格者は,

通学講座限定で,66名も輩出することができました!!