その他

「理解」と「暗記」の関係性とバランス(公認会計士編)

学習をしていく上で,「理解」と「暗記」の関係性とバランスは永遠のテーマだと思います。また,学習している科目や試験の性質や現状の実力によっても正しいアプローチは異なります。

その上で,自分が感じている「理解」と「暗記」の関係性とバランスについて,今日は長文になりますが,説明していきたいと思います。

公認会計士試験において,1年で合格する人もいれば,合格までに5年かかってしまう人もいます。

また,途中で諦めて断念してしまう人もいます。

ではその学習効率の差は何なのか。自分はその主要因は理解度の差が大きいと思っています。

ここでいう理解度とは,純粋な知識としての理解(インプットのための理解度)だけでなく,問題の解き方の理解(アウトプットのための理解度)を含んでいますのでご注意ください。

そのため,今回は理解と定着について説明していきますので,これからの学習が少しでも効率的なる視点は取り入れていただければと思います。

1.理解とはそもそもなにか

2.理解するメリットは

3.理解を暗記の関係性とバランス

4.それでもなぜ理解は軽視され続けるのか

5.まとめ

1.理解とはそもそも何?

理解の定義は色々あると思いますが,自分が考える理解は,

「物事の構造を論理的に把握し,それを自分の言葉で説明でき,かつ,必要の応じで使える状態」

だと思います。

例えば,コーラが体に悪いというのは,結論は知っていると思います。

でも,なぜかを理解しているかと言われると全く理解できていない人が,私も含めて多いと思います。

その理由は,

(1)そもそも,人体の仕組みや栄養学の仕組みの大枠がわかっていない(全体像の理解)

(2)コーラの成分自体もわかっていない(各論の理解)

(3)両者を繋げて論理的な仕組みが納得できない(全体像と各論の理解の繋がり)

ここまでがインプットのための理解

(4)コーラを週に1回飲むのはどうか?サイダーでは?オレンジジュースでは?など日々の生活に活かすこともできない(実践で使いこなすためのアウトプットのための理解)

ということになります。

つまり,理解とは具体的には,

(1)全体像の理解

(2)具体的論点の理解

(3)全体像と各論の理解の繋がり

(4)実践で使いこなすためのアウトプットのための理解

と認識しています。

2.理解するメリットは

では,学習において理解するメリットとは何でしょうか。私が20年の指導で感じる学習における理解のメリットは,以下の通りです。

【理解することで得られるメリット】

①暗記することの時間が大幅に削減される(回転数の節約)

②ケアレスミスを大幅に削減できる(得点力の向上)

③初見の問題に対応できる

④応用問題に対応できる

⑤新しい論点の習得が圧倒的に効率化される

etc

等があります。以下では順々にその中身を見ていきましょう

①暗記することの時間が大幅に削減される(回転数の節約)

最終的にどんな試験でも,暗記していないと点数は取れないです。これは間違いない。そのため,暗記はとっても重要です。その上で,理解していないことを単純暗記してもすぐに忘れてしまいます。ロジックを理解していることは中々忘れないです。そのため,理解してから暗記した方が数倍学習効率が高まります。

まず覚えてしまえ。反復していれば理解が深まっていく!!

というアドバイスを目にすることがありますが,その通りだと思います。徐々に理解は深まっていきます。ただ,圧倒的に効率が悪いので,先に理解することがお勧めです。

②ケアレスミスをするのも実は理解不足が大きい

実はケアレスミスをする原因も理解不足が大きいです。

例えば,建物を1,000円で取得し,残存価額10%,耐用年数10年,定額法という問題文の場合,毎年の減価償却費の計算は,

1,000円×90%÷40年となります。

当たり前だと思われるかもしれませんが,(1-残存価額)をかけ忘れた,耐用年数で割るのを忘れたというミスをする方はほとんどいないと思います。

その理由はロジックを理解しているためです。

つまり,

(1)全体像の理解

 そもそも建物はなんで資産に上げるの?

 そもそも減価償却って何?なんでするの?

(2)各論の理解

 残存価額って何?なんで残存価額を引くの?

 耐用年数って何?なんで耐用年数で割るの?

(3)全体像と各論の繋がり

 取得原価から残存価額を引いた額を毎期減価償却として損益計算書に費用計上するとともに,貸借対照表の資産の額を減額するんだよね。その時に,残存価額は後で処分できるので引かないとね。その方法の一つに定額法という使用見込み年数である耐用年数に渡り,毎期均等額で減価償却を計上する方法があるんだよね。

(4)使いこなし

だから定額法の場合には,取得原価ー(1-残存価額)÷耐用年数で計算するね。

 でも,期中で取得してたらどうする? 期中で売却したらどうする?

 定率法の場合はどうする?級数法の場合はどうする?

 データが直接法で与えられていたらどうする?

 というように,実際の問題での対応の仕方までしっかりと納得できているからこそ,ケアレスミスが減っていくのです。

 逆にしっかりと理解していないで解法を覚えていると,ついうっかり,一つ処理を忘れてしまったなどということが起こりやすくなってしまいます。

 人間の脳は不思議なもので,ロジックを意識していなくても,ロジックを理解しているものについては無意識にロジックを意識しながら解けているので,ケアレスミスが圧倒的に減ると言えます。

③初見の問題に対応できる

全ての問題は同じ問題が出題されません。指示の与え方が変わったり,表現が変わったりします。その時にしっかりと理解していれば解ける確率が高まります。

もちろん,会計士試験ではない学習ではひたすら知識を暗記すればいい科目も有ります。そのため,学習方法でも,どのような科目のどのような試験についてなのかの区別は大切です。

英単語や歴史の年号などは,暗記勝負です!

④応用問題に対応できる

更に,応用的な出題のされ方をした場合にも,論点自体を理解していれば,こう解くのかなという推測が働きやすくなるので,対応力がぐっと高まります。

また,試験中に結論を忘れてしまっても,理解していればロジックに基づき結論を思い出しやすくもなります。

⑤新しい論点の習得が圧倒的に効率化される

ある論点を理解すると,同じ仕組み,似ている仕組みの論点が多々出てきます。そのような場合,理解をしながら学習を進めている人は,

あの論点と同じ考え方なんだな。

あの論点の考え方を仕えるな。

といった感じて,新しい論点を効率的に習得していけます。

3.理解と定着の関係性

では理解と定着の関係性とバランスはどうするのが望ましいのでしょうか。

最終的には定着をしていないと点数は取れないので,定着はとても重要ですが,上述した理解のメリットが大きいので,まずはできる限り理解し,その後徹底的に定着する。そして定着をしながらじわじわ理解を強化するがいいと思います。

またバランスで気を付けておきたいのが,その場合,双方のレベルをある程度バランスよく高めることがお勧めということです。

理解と定着がそれぞれレベル100まであって,掛算の合計レベルが5,000で合格レベルの実力になると仮定します。

理解レベル50 暗記レベル100

理解レベル70 暗記レベル72

理解レベル100 暗記レベル50

で合格レベル5,000に到達することになりますが,

現状が理解レベル40 暗記レベル80だった場合には,暗記のレベルを100まで高めても総合の実力が4,000で限界になってしまいます。

また,理解のレベル50暗記のレベル80の人も,徹底的に覚えても総合の実力が5,000が限界になってしまいます。

そのため,ある程度反復したのにも関わらず成績が伸び悩んでいる人は,暗記重視の対策から,理解重視の対策に比重を変えることがお勧めです。
その結果,理解のレベルを70ぐらいにもっていき,暗記のレベルも80~90ぐらいにもっていく方が総合の実力が5,600~6,300になるので安全です。

もちろん,理解のレベル80暗記のレベル50のように明らかに学習量が不足している人については,徹底的な定着でいいですが,ある程度学習量をこなしている人は暗記のレベルが低いよりは,理解のレベルが低いことが原因になっている(中々暗記できない,覚えてもすぐ忘れてしまうのも理解不足)ので,注意が必要です。

そのため,大切なことは,理解を効率的に習得できる講義と教材を使ってまずは理解を強化すること。その上で問題演習を通じてアウトプットまでの理解を習得すること。

その後徹底的に反復し定着を図りながら,答案練習で適時現状をチェックし,理解の強化や定着の強化の改善をし続けるイメージです。


ただ,理解の強化も効率的に点数を取ることが目的です。そのため,重要性の低い論点,難解な論点,テストで出題される可能性がない論点などまで理解することは不効率ですので,重要論点の理解の強化を心掛けてほしいと思います。


4.それでもなぜ理解は軽視され続けるのか

ここまで,理解を強化した方が効率的になることを説明してきましたが,世の中にはなぜ暗記すればいいというアドバイスが多いのでしょうか。その理由をいくつか説明してきます。

① 暗記すれば大丈夫な科目も多い

② 講師や上位合格者が無意識で理解していることも多い

③ 暗記すればいいという指導の方が手間が少ない

④ 暗記の方がわかりやすい

①暗記すれば大丈夫な科目も多い

今までの人生の経験で,論点の構造が複雑でない科目の学習の成功体験があげられます。

英語の単語,歴史の年号や名称,運転免許のテスト,法律科目の択一式の学習など,暗記さえすれば乗り越えれる試験も多い。そのような成功体験があるので,暗記すれば何とかなると思ってしまいやすいのです。

しかし,会計士試験のような実務の構造を理解する必要がある科目については,理解しないと中々乗り越えられない(企業法や租税法などの法律科目を除く)ものが多いのですが,他の学習の勉強方法と混同されてしまっていると言えます。

また,企業法の論文対策や租税法もロジックを理解した方が圧倒的に効率的に学習できますので理解がお勧めです。

② 講師や上位合格者が無意識で理解していることも多い

講師や上位合格者の中には,講義を受講すれば自動的に理解ができ,あとは反復していれば自動的に成績が伸びた方が多くいらっしゃいます。そのような方は,理解が弱い状態のイメージが少ないし,反復さえしていれば点数が伸びると誤解をしている可能性があります。

しかし,講師や上位合格者に,その暗記した論点の理解を説明してと質問すると,しっかり説明できることが多いです。つまり,無意識でも理解をしているので,成績が効率的に伸びているということが言えます。

③ 暗記すればいいという指導の方が手間が少ない

指導する側からすると,徹底的に覚え込みなさい。成績が伸びないのは反復が足りないからだと指導する方が正直楽です。体育会の部活でとりあえず走りまくれとアドバイスするのと同じです。結果が出ないのは努力が足りないから,量が足りないからと指導し,全員に一定の量をやってもらえれば,自動的に上位者は理解も強化されるため,指導する側としては手間が少なくて済むという側面がある。

しかし,体育会の例でも,瞬発力を高めたいのであれば,どのような練習メニューがベストか,持久力を高めたいのであればどのような練習メニューがベスト化は異なります。闇雲に量をやるのはかなりリスクがあります。

特に社会人受験生の方や,短期合格を目指す方はしっかり理解をすることが必須です。

実際に,社会人で合格をされている方や短期で合格されている方は,意識してか無意識化は置いておいて,皆さん理解度が高い傾向があります。

また,理論科目と計算科目も配点は理論部分の方が高いにも関わらず計算科目を重視するのも,計算科目の方が大量の問題を配ってあとは反復しなさいという指導がしやすいという側面もあると思う。理論科目でしっかりと点数を取れるようにするには,理解をしっかりと促し,様々な視点を指導していかないと難しいとも言える。

さらに,理解の強化を指導しようとすると多くの質問が来ることになる。徹底的な個別フォローの体制を整えないと,中々理解の強化を促すことは難しいという側面もある。

そのため,計算科目でも理論科目でもとりあえず反復して暗記しようという指導になりやすいのです。

ただ,それが効率的な学習とは逆の動きで,どちらかというと量でカバーし力技で合格レベルにもっていく方法に近いと感じます。

④暗記の方がわかりやすい

人は,わかりやすいものの方が取り組みやすいという性質を持っている。そのため,理解と暗記でいえば暗記の方が圧倒的にわかりやすいし,やるべきことが明確になる。そのため,つい暗記に走ってしまいがちだが,暗記に走る前に,自分が目指している試験に合格するために,本当に今の状態から暗記の強化だけで合格できるのかはしっかりと判断していきたい。

また,反復を繰り返していると,一度やった問題は全部解けるようになります。そのため,目の前の問題集が解けるようになっているので安心してしまい,このままで大丈夫と誤解をしてしまいます。
そして,いざ本番の試験で初見の問題で中々点数が伸びないというリスクが高まってしまうリスクが高まる点には注意が必要です。

5.まとめ

最後に,ポイントをまとめると

・理解と暗記はどちらも重要

・最後は暗記しないと点数は取れない

・合格可能性を高めるためには,理解のレベルを一定以上に上げる必要がある

・理解した方が学習は圧倒的に効率的になる

・暗記した後で理解が強化されることもOKだが,多すぎると不効率

そのため,我々講師は,できる限り理解を効率的にできる様に教材を作成し,講義を行うことが重要となります。さらに,疑問点についてはいつでも質問できるフォロー体制が大きな影響を与えます。
最後は一人ひとりがしっかり反復することが欠かせないが,反復回数を減らせるようにしていく,本試験での対応力を身に付けてもらう支援は本当に大切だと実感しています。

そのため,

とりあえず覚えろ!
点数が伸びないのは反復が足りないからだ!
理解ができなくてもいいからまずは反復していれば後で自然に理解ができる!

などというアドバイスではなく,

正しい理解の仕方を伝えたいし,
暗記の重要性も伝えていきたいですね!

そのためにも,今後もいつでも質問・相談できる体制も維持・強化していきたいと思っています!

もちろん,今回のブログの内容は,私が感じるものですので,絶対に正しいことを述べているなどという気もないですし,すべての人に当てはまるなどとも一切思っていないです。

ただ,効率的に学習した方が合格の可能性が高まると信じてますし,まだまだ暗記偏重の学習を行っている人が多いと感じていますので,もう一度,自分の理解のレベルと向き合い,理解を強化するべきかどうかを検討してもいいと思います。

皆さんの学習が少しでも効率的になることを祈っています!

もしよければ,以下のブログも是非参考にしてみてください!

効率的な学習戦略&学習方法(公認会計士試験編)

効率的な学習戦略&学習方法(公認会計士試験編)

勉強方法は十人十色と言われます。

確かに,唯一絶対の学習方法など存在しないのだと思います。

それでも,一般的により効率的に学習を進めていく王道の法則は存在していると思います。

今回の記事では,学習効率を10%~30%高めるために必要な視点から,学習方法の王道について述べていきます。

また,そのような王道の法則を実践するための,CPAの活用方法についても説明していきます。

10%~30%の効率化が図れれば,合格まで3,000時間かかると言われている会計士試験に当てはめると,

300時間から900時間の節約になります。それはとてつもなく大きな時間になりますので,是非今回説明する視点から,一つでも二つでもご自身の学習にとり入れていただき,効率的な学習を実践してください!

1.ゴールを明確にする

2.学習の8つのステップを大切にする

3.効果的な学習計画を立案する

4.適時修正する

5.CPAの活用方法

より詳細な内容は下記の動画を参照ください。

【論文向け学習戦略ガイダンス】

【5月8月向け学習戦略ガイダンス】

1.ゴールを明確にする

ゴールを明確にしないと,そのゴールに向かって正しく進んでいくことは難しくなります。そのため,公認会計士試験合格というゴールだけでなく,

・短答式試験,論文式試験ごとに

・科目ごとに,

・どういう力を

・どういうレベルで

身に付ければ,合格できるのかというゴールを明確に意識してほしいと思います。

このゴールを明確にするだけで,一つひとつの学習成果の効率がかなり高まるのでお勧めです。

2.学習8つのステップを大切にする

上記学びの8つのステップは非常に重要です。

その上で,上記③わかると上記⑥できるまでが理解になります。論点を③わかるで終わらせるのではなく,短答式本試験,論文式試験での出題のされ方を把握し,わかった知識を実際に問題ができる力に変えていくことが求められます。

この時に,実際に初見の問題ができる力が求められているので,問題集や答練を何回も反復してその問題が解けることを目的にしてはいけません。その問題と同様レベルの問題であれば初見でも解けることを目的にしてほしいと思います。

そのためには,単に暗記で解けるようにしていても中々効率が悪いですので,論点を理解して解けるようにしておくことが重要です。特に論文式試験では理解の部分が問われますので,わかったうえでできる様にしてもらうといいと思います。

その後は,何回か反復して定着を図ります。ここも省略はできないので,少なくとも3回転以上は反復が必要になると思います。

3.効果的な学習計画を立案する

学習計画を立てるときは,下記の6つのステップを大切にしてほしいと思います。

例えば,今の時期から5月8月を目指す方であれば,下記のようになります。

その時に,注意すべき点は以下のものになります。

手段を目的にせずに,どのような力をどのレベルで習得するかを明確に,それぞれの学習に取り組んでほしいと思います。

4.適時修正する

次に,適時修正の仕方です。現状を分析し適切に修正していきながら学習することが欠かせません。そのための一番のおすすめが答案練習になります。

上記のように答案練習は,合格点を取るために,目標点を取るために現状をチェックし,改善点を把握し分析するためのものですので,その問題の復習をして満足するのではなく,明日からの学習方法の修正点を把握するために受けているという意識を持ってください。

上記のような,学習方法についてのより詳しい説明は以下の動画を参考にしてください。


【論文向け学習戦略ガイダンス】

【5月8月向け学習戦略ガイダンス】

【勉強方法全般キャス】
【モチベーション全般キャス】
【5月8月攻略法キャス】

5.CPAの活用方法

最後に,CPAの活用の仕方について説明します。

基本的にはCPAの本科生の方を例に説明しますが,他のスクールさんで学習している方もご自身のスクールの活用方法や,CPAの単科講座の活用などに活かしてもらえればとおもいます。

① 講義とテキスト

CPAでは,初学者用のレギュラー講義,経験者向けの圧縮講義,短答対策講義,論文対策講義など,各種講座を用意しています。講義では,論点の理解(③のわかった)と本試験で求められる問題を解くために必要な力(⑥できる)の習得を目指してください。

この力は,独学・自習での習得は相当困難を伴うため,なるべく講義を再受講し,講義中とその後の最初の復習で一気に引き上げてほしいと思います。

さらに,最終的には,テキストの反復で(⑧いつでもできる)を目指すのが理想形にはなります。

CPAでは,何度でも様々な講義を繰り返し受講しなおすことが可能です。是非,講義を受講しなおし,③わかったと⑥できるを効率的に習得してください。

② 短答対策問題集・論文対策問題集&コンプリートトレーニング

これらの実践問題集は,本試験で求められている力(⑥できる)の力の確認,定着のための反復(⑧いつでもできる)教材として,使っていただくといいと思います。本試験レベルの問題が本当に解けるのかを見ていくためには,実践問題集の演習が欠かせません。

③ コンパクトサマリー

こちらは,定着(⑧いつでもできる)に特化した教材になります。テキストや問題集を反復して定着をするのもお勧めですが,短時間で結論だけ確認できるので,直前期の高速回転にはコンパクトサマリーを活用していただければと思います。

④ 各種答練

各種答練は定着だけでは得点できない,本試験を想定した実践的な問題を多く出題しています。そのため,本当に本試験で得点できる力がついているのかのチェック,今後の学習計画の修正に役立たせてください。

⑤ 質問・学習相談

学習をしていると,学習戦略,学習方針,学習方法など色々悩みが出ると思います。そのような時には講師にすぐに相談して,なるべく早期に,やることを明確にし,目指すべき目標を明確にして学習を進めてください。ここで遠慮して相談せずに,自分だけで考えているのは相当リスクがありますので,是非,講師を活用し,無用なリスクを取り除いてほしいと思います。

上記のように,すべての教材,講義,問題集,答練,質問体制が学習の8つのステップを効率的に習得できるように,本試験で求められている力を効率的にマスターできるようにしていますので,是非,ご自身の現状に即して上手く活用してもらえればと思います。

学習を10%~30%効率化図る効果は絶大です。是非,効率的な学習を心がけて合格を勝ち取ってほしいと思います。

公認会計士12月短答向け 簿記の学習方法(受験経験者向け)!

5月の短答式試験も終わり、

12月に向け、これから簿記や管理会計論の計算力を強化したい方も多いと思います。

やはり短答式本試験で安定的に高得点を取るためには、計算力がとても重要です。

 

そのため、今日は、簿記を強化するための勉強方法について述べたいと思います。

 

最終的には、テキストの例題、個別問題集、短答問題集がすべて、理解した状態でいつでもできるようにすることが究極の目標です。

しかし、すべての範囲を完璧にすることは時間との兼ね合いからお薦めではないですので、本試験での出題可能性に基づく重要性に応じて、強弱をつけていってほしいと思います。

 

では具体的な学習方法について説明していきます。

 

1.いつまでに仕上げるのか

2.重要性の強弱とは何か

3.理解と暗記のバランスは

4.6月が勝負

5.お薦めのプラン例

6.簿記圧縮講義&短答式問題集

続きを読む

大人の教養 第21回『社会とは~自由と規制・格差と平等のバランスを考える~』

大人の教養として、社会全体に対する見識はとても重要だと思います。

 

少子高齢化社会・エネルギー問題・財政問題・環境問題・外交安全保障・歴史認識・貧困問題・教育etc様々な課題が生じていることは認識している中で、家族・仕事という直面することを優先して生きているのが我々現代人だと思います。

 

でも、本当にそれでいいのでしょうか。社会がうまく機能しないと、我々ひとり一人の幸せも生活もすべてが崩壊してしまう可能性もあります。日本の政治がうまく機能しないのも、我々国民が無関心だからという側面も否定できません。
また、将来的に自分の生活を守り、子供たちが生きていく社会を創ることもとても大事だと思っています。

 

だからこそ、日々の直面する事象だけでなく、自分の時間の1%だけでも、

社会全体のことを学び・考え、より良い社会の実現のために行動することが求められているのではないでしょうか。

続きを読む

ブログ移転しました!

ブログ移転のお知らせ!

このたび、『公認会計士 専門学校/予備校講師 国見健介のひとりごと』

のブログを移転することにしました。

 

今後の情報発信は、以下のような区分けをしていきたいと思っています。

1.東京CPA会計学院のWEBサイト内の講師ブログ

主に公認会計士の学習中の方に対して、科目ごと、時期ごとの有用なアドバイスを各科目の講師から発信していきます。

http://cpa-net.jp/cpa-course/instructor-blog.html

 

2.会計財務の情報サイト 東京CPAブログ

大学生から社会人のかたまで、会計・財務に関する知識を学びたいという方向けに、会計財務の知識・情報をわかりやすく解説していきます。

http://blog.cpa-net.jp/

続きを読む

37歳の誕生日を迎えました!

本日、無事に37歳の誕生日を迎えることができました!

 

多くの方にお祝いのメッセージをいただき、有難うございます。

こういう節目の時に感じるのは、いつも多くの方に支えられて今の自分があるという感謝の気持ちです。(節目以外でも常に感じつつけないといけないのですが。。)

 

家族、東京CPAの仲間、その他すべての仲間の皆様と今後も

楽しく、時には壁にもぶつかりながら、一緒に歩んでければと思っています。

 

せっかくなので、ちょっと近況報告としたいと思います。

ここ数年は様々な活動をしておりまして、国見は何をしたいのか?的なことを聞かれることも多いので、自分自身を整理する意味も込めて。

 

まず、現在でも東京CPA会計学院の教壇に年間140講義ほど立っております。

最近は、後輩の先生が、とても成長してきているので、以前よりはかなり減らしましたが、大体2日に1回は3時間の講義をしております。 続きを読む

次世代戦略会議!第9回勉強会のお知らせ!

次世代戦略会議!第9回勉強会を開催いたします。

8月11日13:30~17:00

テーマ 『我が国のエネルギー問題について考える』

今回は,原発問題で関心も高まっているエネルギー政策について扱います。

そもそもエネルギーとは

それぞれの発電方法のメリットとデメリットは

(価格・絶対量・安定供給・健康・環境破壊・外交安全保障上)

我が国のエネルギー政策の変遷

正解各国のエネルギー政策とは

将来のエネルギー需要量は

どのようなエネルギーミックスが望ましいのか

シェールガスの可能性

メタンハイドレートの可能性?

などなど,エネルギー問題の全体像が学べる勉強会になっています。

次世代戦略会議は,自分たちの社会について学ぶことを目指して,毎回異なるテーマを取り上げ,勉強会を開催しています。

参加者は,大部分が20代・30代です。

学び,様々な人と意見交換をすることで色々な気づきがあると思います。

是非,興味のある方はお気軽にご参加ください!

参加表明はこちらから

↓↓

FBのアカウントをお持ちの方

https://www.facebook.com/events/499527280118549/?ref=3

FBのアカウントをお持ちでない方

↓↓

https://docs.google.com/forms/d/10PRkRrhL_vklCzUMk4fcbR50qddynPDD0sUaOweRwkw/viewform

良かったらぽちっと押してください!

にほんブログ村 資格ブログ 公認会計士試験へ

にほんブログ村

若者ネットユーザー世論調査!

今回,次世代戦略会議で

20代30代のネットユーザー限定で

参議院選挙に向けての世論調査を実施しました。

普段大手メディアが実施する世論調査は,

日中に電話等で行うことも多く,若者世代のリアルな声が反映されにくいという問題もあります。

そのため,今回,株式会社ゲイン様(http://www.gain-www.com/ )のご協力のもと,

一般の若者の声を集めて,発信するという趣旨で,3,000名の若者に世論調査を実施しました。

その結果が,下記HPから見れますので,是非お時間のある時に,見てもらえるとうれしいです。

『次世代戦略会議HP』

↓↓

http://www.jisedai.or.jp/#!research/c1nhg

正直,若者の政治に対する関心は低いです。

投票率も,いつも20%~40%ぐらいです。

もう少し,一人ひとりが,政治や社会に関心を持つようになればいいなと思っています!

あと,次世代戦略会議の情報は,

下記のFB公式ページでも発信しています。

ご興味ある方は,フォローしてみてください。

『次世代戦略会議公式FBページ』

↓↓

https://www.facebook.com/jisedaisenryaku

良かったらぽちっと押してください!

にほんブログ村 資格ブログ 公認会計士試験へ

にほんブログ村

社団法人「次世代戦略会議!」設立

本日,半年前から仲間と取り組んでいる『次世代戦略会議!』が社団法人として認可されました。

昨年の9月2日に初めての勉強会を実施してから,あっという間に半年がたちました。

東日本大震災から2年後の,今日3.11に認可されたということに色々と考えてしまいます。

次世代戦略会議!という取り組みは,

社会について学び,自分のできることから行動していくことで,

『次世代に責任のある日本を創っていきたい』という想いからはじまりました。

自分たちが生きる社会に対して,できることを一つひとつ行っていきたいという想いからです。

私は,仕事がら,一流大学に通っている大学生を指導しています。

10年教育というものを行ってきた結果,一番感じた危機感が,社会に対する無関心という事実です。

ひとり一人の学生は優秀で,勉強はできる。

一流大学に進学し,難関資格にも合格する能力を有している。

でも,その後に何をしたいかという目標がないという事実。

自分が高い収入を稼ぐこと,やりがいのある仕事をしたいということ,安定した生活を送りたいという目標はあるが,社会をどうしていきたい,そのために何をしたいという目標はほとんどの学生が持っていない。

これは,若者が悪いわけではない。

生まれ時から先進国として,生きていくのにはほとんど困らない環境に生まれ育ち,

政治や社会について,20年暗いニュースばかり見させられる。

その結果,政治や社会に対して,不信やあきらめという気持ちが増大し,

自分の周りの友人やコミュニティーだけの論理を優先させるようになっているだけ。

だから,本当は,こういう社会にしてきた,こういう教育を行ってきた大人がしっかりしないといけないと思う。

若者にどうしろ,という前に,自分たちが手本になっていく。そうすれば若者は変わると思う。

ただ,若者としても,現状に不満を言っているだけでは,何も変わらない。

政治に文句がある

社会に文句がある

教育に文句がある

業界に文句がある

自分の会社に文句がある。

みんな文句はあるけれど,じゃあ変えるためにどうするべきかということを考え,行動はとらない。

日本の政治では,無責任な政治家が多い,先送りで大事なことを全然決めない

等の多くの不満を持っているが,そのすべての原因は,社会を構成するひとり一人が,無責任になり,重要事項を先送りする価値観になっているからだという事実がある。

だからこそ,次世代を担う我々ひとり一人が,社会について考え行動していかないと,

20年後・30年後の時代には,もっとひどい状況になっていると思っている。

自分たちが困るだけではなく,子供や孫の世代に,すべてのツケを先送りしている状況を見ているだけでいいのか。

自分たちにできることをやっていくことで,少しずつ変わっていくのではないかと強く感じました。

そのためにも,まずは,今社会がどうなっているのかを知ることだと思います。

年金問題・人口問題・教育問題・外交問題・地域社会の崩壊の問題等々

色々な問題について知るからこそ,やるべきことが見えてくると思っています。

そのため,定期的に勉強会を開催し,まずは社会を知ることから始めようと思い,活動しています。

そんなことして,どうせ何も変わらない

何の得があるの

仕事で忙しい

めんどくさい

色々なご意見をもらっています。

すべてその通りだと思います。

ただ,だからと言って,問題を直視せずに,先送りを助長するようなことをし続けているから,今の社会問題が起こっているとも感じます。

このまま,先送りを続け,どんどん悪化する状況をただ見て見ぬふりをし,次世代にすべての問題を先送りするのか,少しでもできることをみんながしていくのかでは,20年後・30年後には大きな違いがあると思います。

誰かがしてくれるではなく,ひとり一人がやれる範囲で行動する。

投票に行く

自分の業界を少しでも望ましい方向に動かす

自分の会社を少しでも望ましい方向に動かす

家庭での教育の質を少しでも良くする

地域のコミュニティーのお手伝いをする

なんでもいいと思います。

自分のできる範囲で少しでも行動する。

ひとりでできることなど,微々たるものですが,多くの人が少しずつ行動することが本当に大きな力になると信じています。

友人には,NPOを立ち上げ,社会のために人生を捧げているような人もいます。

彼らに対しては,心から尊敬します。

ただ多くの人に,それを求めることも現実的ではないと思います。

だからこそ,みんなが仕事をしながら,週末に少しずつ活動をするという方向性を目指していきたい。

自分の持っている時間とお金の1%でも3%でも,社会のために使っていく。

そういう活動をすることで,新たな楽しみややりがいもどんどん発見されるし,

自分たちの生きている社会に色々役に立っているという満足感も出てくると思っています。

年に1%~3%ぐらいの負担を多くの人がするようになれば,

本当に大きな力になると思っています。

そんな想いを持って,勉強会を始め,様々な活動をしていきたいと思っています。

やっと,正式な組織を立ち上げたので,活動できる範囲も可能性もひろがっていきます。

今年は,勉強会以外でも,ひとり一人が社会について考えるきっかけとなるようなイベントを企画して開催していきたいと思っています。

運営メンバー全員が,手弁当でボランティアで活動しているので,無理のない範囲で,

一歩ずつ進んでいきたいと思っています。

少しでも興味のある方は,是非,勉強会に参加してしてみてください。

皆さんの参加を心からお待ちしています。

次世代戦略会議のHP

http://www.jisedai.or.jp/

 

次回,3月24日の勉強会のお知らせ

http://www.facebook.com/home.php#!/events/490518681012682/