簿記(会計)の知識はビジネスマンには必須の知識!

 簿記は、ビジネスマンに必須の知識と言われ、欧米の大学では必須科目として多くの方が学習する内容です。また、商社や金融機関・コンサルティング会社などでは、卒業までに簿記2級の取得を求めてくることも多いです。さらに、多くのビジネスマンが社会人になった後に、簿記(会計)の知識の重要性を実感し、学習をしている現状もあります。そのため、様々なアンケートでも、簿記検定はビジネス界で人気№1の資格という結果が出ています。

今回は、ビジネスマンが、簿記(会計)を学び習得するメリットについて説明していきます。

 

・簿記(会計)とはどのような学問か

 簿記は、会社の活動を記録し、会社の成績表である財務諸表(貸借対照表・損益計算書など)を作成する方法を学習する学問です。簿記というと経理・財務という仕事をイメージする方が多いと思いますが、経理・財務という専門職のビジネスマンだけが知っておけばいい知識ではなく、すべてのビジネスマンに必須の知識と認識されています。

 では、なぜ、一流のビジネスマンとして活躍するために、簿記(会計)の知識が必要になるのでしょうか。大きく以下の3つのメリットが挙げられます。

 

・ビジネスの仕組みを読み取る力を養うことができる
 簿記は、会社の活動を記録し、会社の成績表である財務諸表を作成する方法を学習する学問です。会社の活動や、資金の提供者である株主や銀行から資金を調達し、それを元手にビジネスを行い、利益を上げることを目的にしています。

どれだけの資金を調達し、どのような活動で利益を上げているかが、財務諸表を見れば、読み取ることができます。

ビジネスを構成する活動には、資金を調達し、商品を購入し、商品を販売し、給料を支払い、広告宣伝費を支払うなど、様々な活動があります。

簿記を学習することで、会社のビジネスの全体像や仕組みを読み取る力を養成することができます。

 

企業を分析し、状況を読み取り、結果を出す力を養うことができる

さらに、財務諸表を詳細に分析(財務諸表分析)することで、自分の会社がどのような状態なのか、自分の部署がどのような状態なのかを、把握することができます。

『自分の会社がどのように利益を稼いでいるのか』

『他社と比較した場合の、自社の強み・弱みは何なのか』

『会社をよりよくするためには、どのような活動に力を入れるべきなのか』

一流のビジネスマンになるためには、上記のような自社の状況を適切に把握し、必要な行動を実施し、より多くの利益を獲得するために貢献できることが求められます。

どんぶり勘定で感覚に基づき実行するのではなく、しっかりと数値的裏付けに基づいて、ビジネスを行うことは、正しい計画を立て、正しい実行をするためにとても重要になります。

 この財務諸表を読み取り、分析する力は、ビジネスマンになった時に当然に必要な能力であり、自社の状況を正確に把握する簿記(会計)の知識は、ビジネスマンとして必須の知識と言えます。

 

管理職になった時のマネジメント力を養うことができる

 ビジネスマンとして、管理職になると、より大きな権限を与えられることになります。どこにどれだけのお金を使うのかという予算決定権限や、どのぐらいの利益を目標にするのかといった利益目標決定権限等も与えられます。さらには、部下も多くでき、目標を達成するために、彼らに適切に指示を出し、業務全般を管理する責任も生じます。

 このように、様々な権限を得ると同時に、多くの責任も負うことになると、事業に対するトータルの成績に対する意識が求められるため、簿記(会計)の知識が不可欠です。

 日本人は、お金についての教育をほとんど受けていないという問題が指摘されることも多いですが、個人レベルだけでなく、ビジネスのレベルでもしっかりとお金の流れや仕組みについて学んでいないという状況があります。そのため、すべてのビジネスマンが、ビジネスのお金についての知識を簿記(会計)を通じて学ぶことはとても重要と言えます。

 

 このように、簿記(会計)は、ビジネスにおける最低限習得していなければならない基本知識に相当する部分です。ですので、会社内で活躍するためにも非常に大きなメリットがあります。

 上記の目的を達成するためには、通常、日商簿記2級までの知識を習得すれば問題ないといわれています。より上位の資格である、日商簿記1級および公認会計士などの資格は、会計・財務・経営管理の専門家になるためには必要ですが、すべてのビジネスマンに求められる知識は日商簿記2級の知識になります。

 そのため、是非、ビジネス界で人気№1の日商簿記2級まで取得することをおすすめします。

 ちなみに、簿記を苦手にしている、嫌いな方が多い理由は、大学等で習ったときによくわからなかったという方が多いのではないかと思います。
 その点、CPAの簿記講座は、3級・2級は、国見が担当しており、自分でいうのも恥ずかしいですが、とても分かりやすいと自負していますので、是非、この機会に苦手意識を払拭して、簿記2級まで取得してみてはいかがでしょうか。

 WEB通信や・DVD通信ができますので、ご自宅ですべて勉強できます!

 私の友人の方は、もちろん友人割引で割引受講もOKですw!
 ご興味のある方は、下記のHPをご覧いただくか、直接連絡ください!

 
良かったらぽちっと押してください!

 
にほんブログ村

SNSでもご購読できます。

コメントを残す