未来を語る公認会計士を増やしたい!

過去・現在・未来という時系列があった時に、

過去や現在ではなく、望ましい未来について多くを考え、アクションすることってとても大切な気がします。
何が望ましい未来かは、個人個人で異なって当たり前ですが、未来を見ているかどうか。

その人の頭の中で考えていることや
友人・同僚との会話に占める割合が、
過去や現在に対する不平不満ばかりなのか、過去や現在に対する分析だけで終わっていると、その瞬間はストレス発散になるかもしれないけど、永遠にその状態から抜け出せない。
そして、現状が全く解決されないばかりか、また不平不満を言い続けるという悪循環になってしまう可能性がある。
そして、その結果、あきらめという心境に到達し、他のことに楽しみを探し続けることになる。

それよりも、過去や現状を受け入れたうえで、どうすれば望ましい状態に近づくのかを考え、行動する人は、活き活きしているし、どんどん新しいアイデアや考えが出てくるので、楽しみながら進み続けることができると思っています。

自分自身も楽しめ、周りにもプラスの効果を発揮できるので、よりよい未来のことを考え、そのために行動する人が増えるといいなと思っています。

公認会計士の可能性も無限大です。
現状に不平不満を言っているだけで、考え、行動しなければ、益々不平不満が増える。
望ましい未来を設定し、それに向かって考え、行動している会計士も多くいる。

彼らは、目力に大きな差があり、話しているとどんどんお互いが刺激を受けるような感覚になれる。

どうせ一回の人生なんだから、明るい未来を考えながら、活き活き生きたほうが楽しい。

そのためには、積極的に行動し、いろいろな人と話、活き活き生きている人に刺激を受け、自分なりの目標やアクションを定めていくことを繰り返すことが大切。

なんとなく同じ1週間を過ごし、なんとなく同じ人たちとだけ話、なんとなく1年間が過ぎていくという状態を脱却しないといけない。

世の中、いろいろなイベントやアクションが行われているので、是非、積極的動いてほしいなと思います。週に1回ぐらいは何か、普段の生活サイクルとは違う、非日常的な活動に足を運ぶということはとても大切な気がします。

もちろん、公認会計士の勉強中は勉強に集中するべきです。あるものに1点集中して自分の刃を研ぐ時期と、いろいろ経験や視野を広めに行く時期は人生で両法必要です。
そのバランスは大切にしてください。

社会人の方で、何か現状を変えたいという方は、今のままで行動を変えなければ、その状態が継続してしまいます。何か変化をつけるからこそ、未来が変わっていくことも多い気がします。

そんな方に、ちょっとおすすめなイベントをいくつか紹介しておきます。

1.公認会計士対象 コンサル業界セミナー(若手CPAコミュニティ主催)
 3月16日(日)現役コンサルタント2名とコンサル業界を知り尽くしたエージェントをお呼びして、コンサル業界のリアルを語ってもらいます。質疑応答の時間をたっぷり設けて、少人数で開催しますので、リアルな話をできる絶好の機会です。
  peatixイベントページはこちら 
  
FBイベントページはこちら            

2.語学 総合イベント(若手CPAコミュニティ主催)
 3月21日(金)学習方法セミナー・GTB診断・留学相談会・学習方法相談会の4つのプログラムにより、効率的な語学学習について学べる機会です。
    peatixイベントページはこちら     
   
FBイベントページはこちら            

3.自民党衆議院議員 小林鷹之先生 講演会(次世代戦略会議主催)
 2月18日(火)『次世代のための国家ビジョン』について、30代の志の高い現役国会議員の先生と議論できます。
    peatixイベントページはこちら
    FBイベントページはこちら            

4.第13回勉強会(次世代戦略会議主催)
 3月23日(日)『環境問題』の全体像を学べる勉強会です。
    peatixイベントページはこちら     
   
FBイベントページはこちら            

5.「コンサルティング業界への道」(組織内会計士協会主催)
 2月24日現役コンサルタント3名による講演会です。
    イベントページはこちら

少しでも興味のあるものがあれば、一歩アクションしてみると、新たな発見があると思います!

よかったらぽちっと押してください!


にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

SNSでもご購読できます。

コメントを残す