公認会計士試験 論文式合格発表!

本日は,公認会計士試験の論文式合格発表でした。

毎年,この日は,数年間この目標のために努力してきた結果が出る日です。

教育者としても,一年で最もドキドキする日です。

合格者は,1,149名と昨年度の1,300名強から減少し,例年に比べ狭き門となりました。

その中で,今年も多くのCPA生が合格を勝ち取ることができました。

今日,見事合格を果たしたみなさん

『本当におめでとう!』

みなさんが今まで,どれだけ頑張ってきたのかを見ているだけに,本当にうれしく思います。

さらに,今年は4大監査法人だけでも1,000名以上の採用を予定しているので,完全な売り手市場になっており,安心して就職活動をしてもらえればと思います。

毎年,合格祝賀会で伝えていることですが,今日,みなさんは,公認会計士合格という山の頂に到達しました。

この何年か,多くの壁にぶつかり,私に厳しいことを言われへこんだり,不安になり,逃げだしたくなったこと等,色々な思い出があると思います。

しかし,それを乗り越え,今日この山を登り切りました。今日は,ちょっと今まで歩んできた道,登って来た道を振り返り,『自分を心から褒めて』あげてください。

CPAに入学した時に比べ,つらいことも多かったからこそ,大きく成長し,かつ,合格の喜び,達成感も半端ないものであると思います。

本気で取り組めば取り組むほど,達成した時に大きく成長し,また最高の充実感を味わえることを身を持って体感していると思います。

その上で,あえて伝えます。

皆さんの一流のビジネスマンへの道は,今日がゴールではなく,『スタート』です。

そのため,この結果に慢心することなく,社会人としての階段を着実に一歩ずつ進んでほしいという想いを込めて,3つのことをお伝えしたいと思います。

1.次の志を設定すること

 公認会計士になることは手段であり,目的ではありません。これから,人としてどのように成長し,どのように人を支えれる人になりたいのか。次の志を設定し,次の山を登り始めてほしいと思います。

 目標を設定しないと,どうしても惰性で過ごしてしまいます。また,慢心し,成長を止めてしまう人も多々います。どんなプロの世界でも,若い時に騒がれ,結局活躍できない人は意外に多いものです。

 だからこそ,常に,志を高く持ち,成長し続け,社会を担う人財になってほしいと思います。

2.精一杯考え,精一杯行動すること

 何事も一生勉強であり,経験を多く積むことが大切です。だからこそ,これからの社会人生活においても,本気で取り組み,必死に考え,積極果敢に行動してほしいと思います。

 筋トレと一緒で,考えれば考えるほど,思考力や本質が見えてきます。

 行動すればするほど,経験値がたまり,成長できます。

 だからこそ,限りある時間を有効に使うためにも,いつも本気で,精一杯考え,精一杯行動してほしいです。

3.人との繋がり,絆を大切にすること

 人は,ひとりでは何もできません。多くの人と支え合いながら,物事を成しています。今までの皆さんは,人に支えられることの方が多かったと思います。今後は,より多くの人を支えれるように成長してください。そのためにも,人との出会いを大切にし,人との絆を大切にしてください。

 多くの人に会い,色々語り合い,その人たちの期待に応えれる人になる。本当に人との出会いの数だけ成長できますし,人との絆を大切にする人は,何をやっても幸せに生きていけると思います。

 今後,社会に出れば出るほど,今まで出会えなかったような多種多様な人との出会いが待っています。是非積極的に,様々な場面に足を運び,多くの人との出会いを楽しんでほしいと思います。

 皆さんには,無限の可能性があります。

 その可能性をどんどん広げるか,どんどん狭めるかは,すべて今後の皆さんの行動次第です。

 高い目的意識を持って,バリバリアンテナを張って,そして,謙虚さ素直さを忘れずに,社会人としての階段を上って行ってください。

 

 10年後・20年後に,みなさんが目をキラキラさせて,活き活きした一流の人財に育っていることを心から願っています。

 

 今日は,本当におめでとう!

 その上で,本日,残念な結果になってしまったみんなへ

 まずは,本当にお疲れ様ですと伝えたい。

 その上で,今は,色々な想いが交錯していて,まだ心の整理がしっかりついていないかもしれません。

 ただ,自分で心の整理をしっかりつけ,次を目指して進みだしてほしいと思っています。

 長い人生,どうしてもうまくいかないことが何度もあります。

 その時に,歯を食いしばり,なにくそという気持ちで踏ん張る人と,そこで投げ出してしまう人により,人生の結果は大きく変わってしまいます。

 そのうまくいかない時に,どれだけ自分を保ち,しっかりとやるべきことに集中できるかが本当に大切なのです。

 だからこそ,今が勝負時です。ここで頑張れるかどうかが本当に分かれ目になります。

 また,厳しいことを言いますが,今回残念な結果になったことには,原因があると思います。

 その原因を,しっかりと直視し,来年に向け,しっかりと対策をとり,合格を勝ち取ってほしいと思います。

 今は,つらいと思いますが,しっかりと1年間頑張り,成長し,来年合格を勝ち取ることで,10年後,20年後から見れば,あの1年で大きく成長できたという,充実した一年にすることができます。

 また,監査法人の採用状況も昨年から大幅に解消し,合格すればまず監査法人に就職できる時代に戻りました。安心してほしいと思います。

 そのためにも,まずは,心の整理をしっかりし,正しい原因分析をすることが求められます。

 ですので,心の整理がついたら,いつでもCPAに相談に来てください。

 一緒に,しっかりと原因分析を行い,来年,今の何倍も強く成長するために,最善の計画を一緒に立てて行きましょう!

 長期的に見れば,努力は裏切りません。努力した分だけ,必ず実力が向上し,人として成長しています。その時には,成長を実感できなくても,後で振り返った時に必ず実感できるはずです。

 

 だからこそ,できる限りのサポート・応援をしていきますので,

 来年の合格を目指し,一緒に頑張って行きましょう!

国見 健介

良かったらぽちっと押してください!

にほんブログ村 資格ブログ 公認会計士試験へ

にほんブログ村

 

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 来年こそ必ず合格だ! より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。
    5月組で今回不合格になった者です。
    不思議なもので、
    短答で高得点だった勝負科目で失敗し、
    8月から本格的にやりだした科目のみが免除となりました。
    ある程度覚悟していましたので
    動揺はあまりないです。
    三ヶ月間しっかりアルバイトを頑張りましたので、
    勉強に集中したいと思います。
    そこで本題ですが、
    短答合格者を雑用目的?か何か分かりませんが、複数の大手監査法人が補助スタッフとして採用するそうです。
    来年の論文合格を目指すなら特に気にする必要はないでしょうか?
    もし就職するとしても、一般の事業会社の経理職等が無難ですか?
    正直なんだろう??
    という感じですので、
    ご指導いただいたら幸いです。

  2. 国見健介 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    質問にお答えします。
    まず結論から言いますと,来年の論文式に集中できる環境であるのであれば,勉強に専念することがお勧めだと個人的には考えます。
    監査法人は人手が足りず,今回合格者も絞られたため,不足部分を短答合格者で補うという趣旨だと推測されます。
    ただ,勉強時間をかなり犠牲にするので,来年の論文式合格には大きくマイナス要因になります。もちろん,経済的な事情で収入を確保する必要がある方には,他のアルバイトをするよりは有利ですので,お勧めします。
    しかし,特に収入が必要でないのであれば,勉強に専念したほうが,長い目で見てリスクは少ないと思います。
    何か追加でご質問あれば,遠慮なくして下さい。勉強頑張ってください。来年の合格を祈っています!

コメントを残す