学問のすすめ

福澤諭吉先生の

『学問のすゝめ』

発売当時,9年間で70万部売れた,ベストセラーです。

福澤諭吉先生は,慶應義塾を創設され,現在の1万円札に使用されているように,

その功績は,社会で,非常に高く評価されています。

人はなぜ学ぶことが大切なのか

国家とは何か

個人とは何か

ということについて,大切なことが書かれています。

時代は違えど,今読んでもとても役に立つ内容です。

また,明治維新という時代において,情報も少ない中で,

すでに,これだけの世界観・見識を兼ね備えていたのは,とてもすごいことだと思います。

しかし,現在,このブログを読まれている方で,

『学問のすゝめ』

を読んだことがある人はとても少ないのではないかと思います。

混迷を極める現在だからこそ,

どのように生きるべきかを考える際に必須の一冊だと思います。

まだ読んだことがないという方は,是非,一度読んでみることをお勧めします。

以下の本は,学問のすゝめを有名な齋藤 孝 先生が分かり易く解説しています。

ちょっと難しいのはという人には特におすすめです。

『学問のすすめ 現代語訳版』

良かったらぽちっと押してください!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す