泣いても笑ってもあと2週間!

8月2日から4日から3日間公認会計士第2回論文式模擬試験が開催されました。

そして,本日8月12日から成績・答案の返却が行われています。

結果に自信を持てた方

思うように結果が出なかった方

感想は様々であると思います。

その上で,

『泣いても笑っても,あと,2週間で本番』

です。

今日伝えたいのは,

論文式模擬試験を受けた,全員に合格の可能性があるということ。

短答式試験を突破し,論文式試験の舞台にたどり着いている皆さんは,

相当な実力を有しており,

必ず,合格できる可能性があります。

だからこそ,残り2週間

『絶対に合格してやる!!』

という強い気持ちを持ち続けて,走り抜けてほしい。

体力的にも,精神的に厳しい時期です。

不安やプレッシャーも色々押し寄せてきていると思います。

でも,その中で,絶対合格できると信じて,

今やるべきことに集中できる人が合格を勝ち取る人です。

今日から本番までを考えたときに,

何がベストなのか。

それは集中し,やるべきことをやりきること。

それしかないし,それ以外できない。

そのために,

その効率を高めるためには,

不安やプレッシャーを弾き飛ばして,

絶対に合格する,絶対にやってやるという強い意志だと思っています。

この経験は,体験した人にしかわかりません。

また,すべての合格者が乗り越えてきた道でもあります。

論文式試験の最終日に,最高においしいお酒を飲めるように,

次の日から,最高に解放された気分になれるように,

ラスト2週間,悔いのないように,走り抜けてください!!

応援しています。

頑張りましょう!!

P.S

今年の就職状況は,昨年よりもさらに採用者が増えるという見込みですので,昨年もほぼ全員監査法人に就職できていますが,今年は一気に売り手市場になりそうな予感です。

良かったらぽちっと押してください!

にほんブログ村 資格ブログ 公認会計士試験へ

にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. CPA より:

    SECRET: 0
    PASS:
    くにみさんの予想では、合格者は何人くらいでしょうか?

  2. 国見健介 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >CPAさん
    正直これだけは合格発表の当日に発表されたものを見ないとわからないというのが現状です。
    以前も事前に色々な情報が当局関係者から流れていましたが,ふたを開けてみれば全然違ったということもありました。
    その上で,私見を述べます。
    まず,論文受験者数や監査法人の採用意欲を考えると合格者を減らす要因はないとも考えられます。そのため,1,200名~1,300名程度合格させるのではないでしょうか。
    ただ,受験者総数が減少しているため,全体での合格率を優先するのであれば,合格者数を減らす可能性もあります。その場合には,1,000名を切ることは採用人数駆らないと思いますが,1,000名~1,200名の間になる可能性も有るかなと考えています。
    ここは,自分たちではコントロールできない分野なので,参考程度にとどめておいてもらい,勉強に集中してもらえればと思います。

コメントを残す