公認会計士試験 ボーダー予想!平成25年第Ⅱ回短答式本試験 (最終版)

TACさんと大原さんのデータリサーチ最終版出ましたね。

この最終版を見る限りでは,

ボーダー65が本命な気がします!!

12月の試験が 9,900名程度受けて 1,071人合格 67% 

          TACデータリサーチの平均点 63.2% 提出人数 701人

          大原データリサーチの平均点 58.1% 提出人数 979人

5月の試験が  7,900名程度受験

          TACデータリサーチの平均点 63.6%(2.4%全員正解) 提出人数 401人

          大原データリサーチの平均点 55.9%            提出人数 622人

この状況から提出者は2/3に減少し,平均点は2%強低下しています。

純粋に,12月と同じ難易度だと仮定すると,

1071人×7,900人/9,900人で855人が67%以上獲得することになります。

しかし,平均点が2%強低下していることを仮定すると,65%でも850人程度と予想されます。

さらに,提出者が減少しているので,12月に比較して,実際の平均点はさらに低いと考えられるので,

65%で700人~800人程度なのではないかと予想することが可能です。

自分は今回の短答式試験で800人程度は合格させるのではと思っているので,

65%または,疑義問を全員正解で67%程度が本命でないかと。

5月27日の段階での説明

http://ameblo.jp/cpakunimi/entry-11539105912.html

もちろん合格者の人数が予想に過ぎないため,人数を絞り,ボーダーが上昇する可能性も否定はできませんが,65%以上の人は,真剣に論文対策に集中することがお勧めです。

少しでも参考になればと思います。。

          

良かったらぽちっと押してください!

にほんブログ村 資格ブログ 公認会計士試験へ

にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

SNSでもご購読できます。

コメントを残す