決定と批判の関係!

批判される。

これはすべての人が避けたいと思うこと。

批判されないための最善の方法は、一切、主体的に決定しないこと。

すべての人に八方美人になり、事なかれ主義でいる。

あらゆる人の意見に対して、決して反論せず、うなずいていれば、

批判される可能性を最も低くすることができる。

リーダーでない限り。

しかし、批判を避け、嫌われることを過度に恐れるがあまり、

何も決定しないことは本末転倒である。

そして、決定すればするほど、行動すればするほど、

またその決定や行動が大きなものであるほど、

批判も増えるという現実を受け入れなければいけない。

これは変えることができない。

100人の人が集まり、100人全員に心から賛同を獲るなど、夢物語である。

50人から心から賛同を獲たとしても、10人ぐらいは批判するようになる。

このときに、99人賛同していても、1人の批判が気になってしまう。

人間とは、そういう生き物であると思う。

だからこそ、批判を受けるという事実を認識し、批判を受ける覚悟をもたなければいけない。

多くの成功者も、批判を受けてきている。

皆、批判を受けることに悩んだ時期があると思う。

しかし、その批判に耐え切れなくなって、決定することをやめるか、

批判されるという現実を受け入れ、覚悟を決め、進み続けたのか差なのだと思う。

もちろん、多くの人から批判を受けるような状況は、自らが間違っている可能性が高いので、真摯に耳を傾け、改善するべきだと思う。

また、少数の批判であっても、貴重な意見も多いので、素直に、謙虚に耳を傾けるべきだと思う。

ただ、伝えたいのは、

その批判を受けることを恐れるあまり、止まってはいけないということ。

だからこそ、何事も事を成すと決めたのであれば、批判に屈することなく、進んでほしいと思う。

素直さと謙虚さを失わない上で、自らが信じる道を進んでいくことが大切である。

決定をする以上、批判に耐える覚悟は、大事にしてもらいたい!

何かに取り組んでいるすべての人にもう一度伝えたい。

批判に負けないでほしい。

すべての成功者が通ってきた過程なのだから!

 

良かったらぽちっと押してください!

にほんブログ村 資格ブログ 公認会計士試験へ

にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

SNSでもご購読できます。

コメントを残す