自分の言葉で説明できることが大切!

わかっている

できている

習慣化している

この3つは本当に大きく異なる。

その中でも『わかっている』『できている』の違いが大きいと思う。

できるようになれば,それを繰り返すことで,無意識にできるようになる。

それが習慣化。

では,『わかっている』『できている』の違いはなんなのか。

これについては,

『聞いて,ふむふむ,そうだよねと,知っていること』 と 『自分の言葉で説明できること』

の違いなんだと思う。

例えば,人に信頼されるということについて,5分で説明してくださいと

いきなり質問されたときに,


自分なりの考えを,自分の言葉で述べることができる人は,少ないと思う。


これを急に聞かれて,説明できる人は,できている可能性が高い。

逆に,説明できない人は,できていない可能性が高い

のだと思う。

つまり,人に信頼されることについて

意味・メリット・そのために必要な条件等について,

説明をされれば,なるほど,そうだよねと言える状態は,わかっているだけの状態。

それでは,日々行動するときに,その視点はなかなか反映されない。

意識できていないので,行動につながらない可能性が高い。

意味・メリット・そのために必要条件等を自分の言葉で説明できる人は,

日々の行動に反映させることができ,できている人なのだと思う。

多くの人が,聞いてわかることを知っている,できていると錯覚していると思う。

そうではなく,

素直・謙虚さ

論理的思考力

問題解決能力

本質を見極める

リーダーシップ

財政問題

少子高齢化

一つ一つのことについて,自分の言葉で説明できるのか

を問いかけてみることが大切なのではないでしょか。

人として基本的なことが習慣化されるだけで,何事も大きな成功を得ることができると思う。

ただ,この基本的なこと忠実に行い,習慣化させることが非常に難しい。

基本を大切にしたい。

関連する記事

習得するという意味

http://ameblo.jp/cpakunimi/entry-11219226615.html

習慣化の力

http://ameblo.jp/cpakunimi/entry-11224921911.html

東京CPA会計学院の通信講座の申込や教材の購入は,CPAオンライン校から!!

公認会計士のお仕事と正体がよーくわかる本』
公認会計士に関する勉強方法や合格後の各キャリアの魅力など,色々書いていますので,勉強中の方も,これから学習を検討している方も,
是非読んでもらえればと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

SNSでもご購読できます。

コメントを残す