プレッシャーの克服方法!

人は、プレッシャーを感じる生き物。

本番が近づくと、なおさら強くプレッシャーを感じる。

プレッシャーとは、上手くいくかどうか不安で緊張する状態。

その結果、緊張し、硬くなり、思うように実力が出せなくなってしまう。

本番で実力を出し切るためには、上手くプレッシャーを乗り越えなければいけない。

では、どうすれば、プレッシャーを克服できるのか。

1.プレッシャーはかかるものと認識する

本気で取り組み、結果にこだわるものほどプレッシャーはかかるもの。

逆に、全く本気で取り組まず、結果にこだわっていないものにではプレッシャーはかからない。

そのため、公認会計士試験のように、本気で取り組むものの場合には、プレッシャーはかかって当たり前という認識を持つことが大切。

すべての人がプレッシャーを感じている。

その中で、プレッシャーに負けてしまうか、乗り越えるかの差があるだけ。

だからこそ、プレッシャーを感じたときに、きたなプレッシャーぐらいでいい。

その上で、プレッシャーに負けないようにする。

プレッシャーに負けてしまい、準備にも手がつかず、本番で硬くなってしまうことを防止しなくてはいけない。

イチロー選手も開幕前は,あまりのプレッシャーで吐いてしまうらしい。

みんなの期待に応えられるのか,今年も成績を残せるのか。

我々には,想像もできないほどのプレッシャーなのだと思う。

つまり,頑張れば頑張るほどプレッシャーは大きくなるものということをまずは認識してしまうこと。

2.プレッシャーを乗り越えた、いい意味での緊張状態にする


本番においては、自分の実力を出し切ることが目標。

本番の前日までは、実力を上げることが目標。

そのため、プレッシャーがあるからこそ、準備をしっかりと行い、自分を信じる。

そして、本番当日に、これだけの準備をしたのだから、後は、実力を出し切るだけという心境になること。

失敗したときを想像するのではなく、自分の実力を出し切ることに専念する。

失敗したときを想像すれば、誰でも緊張する。そうではなくて、成功するいいイメージをし、実力を出すことに専念する。

絶対できると自分に言い聞かせる。

イチロー選手も開幕時には,そのような心理状態になっているのだと思う。

気合が入っているが、緊張はしていないという理想の心理状態。

このときのポイントは、

 ① 自分の実力を出しきれば、必ず合格できると信じること。

 ② うまくいった,成功したイメージだけを持つこと。

 ③ 自分の実力を出し切ることに専念すること。

 ④ そう思えるだけの準備を十分にすること。

上記のように思えるようにするのは、そこまでの過程に自信を持てなければいけない。

しっかりと準備をし、最善を尽くしたと言い切れる状態。

一番良くないのは、プレッシャーのよって、準備ができなくなり、本番で緊張してしまうこと。

準備がしっかりできていないからこそ、余計緊張してしまう悪循環に陥ってしまう。

プレッシャーは必ず来る。

そして,頑張っていればいるほどくる。

だからこそ,プレッシャーが来たら,ああ,自分も頑張って,その段階に来たなと思えばいい。

そのうえで,そのプレッシャーを克服するために,

日々、できることに全力を尽くす。

準備をしっかり行い、やれることはやりきったと感じる状態を目指す!

その積み重ねことが、プレッシャーを乗り越えさせてくれる唯一の方法なのではないかと思っている!

本番の当日に,

『あとはやるだけ,実力を出し切れば大丈夫』

と思えるうに,今できることに専念してほしいと思います。!!


東京CPA会計学院のWEBサイトはこちらから!!
東京CPA会計学院

東京CPA会計学院の通信講座の申込や教材の購入は,CPAオンライン校から!!

公認会計士のお仕事と正体がよーくわかる本』
公認会計士に関する勉強方法や合格後の各キャリアの魅力など,色々書いていますので,勉強中の方も,これから学習を検討している方も,
是非読んでもらえればと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

SNSでもご購読できます。

コメントを残す