アウトプットを意識する!

社会に出るとあらゆることで、結果を求められる。

結果を出すためには、行動の質が求められる。

行動の質を高めるために、思考や知識が求められる。

だからこそ、すべてのインプットは、アウトプットに生かされなければ意味がない。

目的はアウトプットであり、インプットはあくまでそのための手段に過ぎない。

すべてのインプットは、インプットしただけでは何の価値もない。

インプットした結果、どう明日からの行動に影響するかである。

知識はあるが結果が伴わない人は、

この行動に移すことがおろそかになっていることが多い。

学んだことは、必ず行動につなげる意識が大切。

そのために大切なことは、

① 目的意識を持ってインプットする(何のためにインプットしているのかを常に意識する)

② インプットしたことを必ず行動につなげる

勉強でも、アウトプットを意識して勉強しないと、

勉強すること自体が目的になってしまう。

何ために勉強しているのかを常に意識する。

本を読むときも

アウトプットを意識して読まないと、

本を読むことが目的になってしまう。

何ために本を読んでいるのかを常に意識する。

目的意識を持つことは大切なのだが、

日々、目的意識を忘れずに意識し続けることが難しい。

この目的意識を強く持っていないと、インプット自体が弱くなる。

アウトプットに活きるインプットを行なうためには、目的意識を大切に!

その上で、インプットで得た知識・気づきについて、

明日からの行動にどう活かすかを具体的に考える!

明日からこうしよう!

今までの行動を改善する!

この、必ず行動に結びつけるということも難しい。

確かに難しい。

本当に難しい。

だからこそ、すべてのインプットはアウトプットに活かすことを強く、強く意識していなければいけないのだと思う。

決して、インプットのためのインプットにならないように心がけたい!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

SNSでもご購読できます。

コメントを残す