バランスについて!

公認会計士試験の勉強をしていると,範囲が多いため,どのようにバランスを取って勉強すればいいのかが難しい。

基本的な問題をしっかり得点できれば合格できる

人ができるような問題を必ずとれるようにすれば合格できる

上記のようなことはわかるのだが,うまく実践できないという人も多いのではないか。

ではどうすればバランスがうまく取れ,本番の試験において最高のパフォーマンスを出せるのか。

たとえば,以下のような状況を考えてほしい。

 やりたいことが10個ある。

 一つ一つを完璧にするには,2の時間がかかる

 一つ一つを7割の完成度にするには1の時間で済む。

 つまり,7割から10割の完璧にするまでに1の時間がかかると仮定する。

 その場合,持ち時間が20あれば,すべてを完璧にすることができ,そんなに悩むことはないと思う。

ここで,資格試験等の場合以下のような状況になる。

  

 やりたいことが15個ある。

 しかし,持ち時間は20しかない。

 つまり,すべてを完璧にすることはできないので,その中で,どうバランスを取れば最高のパフォーマンスを出せるのかということになる。

 この時に,一つ一つを完璧にしなければ気が済まない人は,

 10個の論点に20の時間をかけて完璧にするが,5個の論点に手が回らない状況になってしまう。

 この状況は,バランスが悪く,点数の期待値が大きく下がってしまう。

 対して,望ましい状態は,

 すべての論点をまず,15の時間を費やし,70%の完成度にしてしまう。

 そのうえで,重要性の高い5つ論点について,100%を目指すようにする。

 

 たとえば,簿記でいえば,組織再編・連結会計・金融商品会計・税効果会計・退職給付会計などの重要な論点。

 こうすることで,

  前者の期待値が 10 なのに対し,後者の期待値は,12となる

  前者:10論点×1+5論点×ゼロ=10

  後者:5論点×1+10論点×0.7=12

 なんでも完璧を目指す人は,前者の状況に陥り,理想と現状のギャップに悩んでしまう。

 バランスが崩れている人は,程度の差はあれ,上記のことが当てはまる。

 また,バランスの悪い人は,本当にどうでもいい箇所についても,気になったことにどこまでも時間を使ってしまう。

 合格するという目的から逸脱してしまう。

 対して,もともとすべてを完璧にすることは不可能であることを理解し,目的のためにベストを尽くせる人は,当然に後者を選択することができる。

 点数をとれるためにを意識し,バランスを取ることができる。

 

 そのうえで,

  最終目的から常に行動を落とし込む

  重要性の判断をしっかりする

  科目間のバランスを取る

  定期的な実力の維持の時間を取る

 ことを意識していく。

 これは,仕事にも通ずることであると思う。

 仕事において,やったほうがいいことは無限にある。

 その中で,時間・人員・予算・外部環境等の様々な要因や制約条件を分析し,

 どうすれば,最大のパフォーマンスをできるかを考え,決定し,実行できる人が,

 『仕事のできる人』

 社会に出ると,バランスは非常に大切になる。

 私は,公認会計士試験も,専門知識を習得するだけでなく,このバランス感覚を養ういい機会だと思っている。

 だからこそ,勉強している人には,

 最終的に本番の試験で最高のパフォーマンスを出すためにという目的から落とし込み,うまくバランスをとれるようにしてほしい。

東京CPA会計学院の通信講座の申込や教材の購入は,CPAオンライン校から!!

公認会計士のお仕事と正体がよーくわかる本』
公認会計士に関する勉強方法や合格後の各キャリアの魅力など,色々書いていますので,勉強中の方も,これから学習を検討している方も,
是非読んでもらえればと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

SNSでもご購読できます。

コメントを残す