【私の履歴書 その3 ファンドという仕事の魅力】

私の履歴書と題して、今後定期的に

公認会計士の様々なキャリアで活躍している先輩方のリアルな声を皆さんにお届けしたいと思っています。

今回は、第3弾として、投資ファンドの運営などを担っているACAグループで活躍中の
土谷さんのインタビュー記事になります。

土谷さんは昨今上場を果たした、ホットランドにおいてCFOとして活躍されていました。

是非、ファンドやCFOというキャリアの魅力や、ACAグループの魅力を知っていただければと思います!

【以下、土谷さんの文章】

 

私の履歴書

ACAグループ

土谷 祐三郎

 

1.長期目標

 日本という国を更に良くしたい。日本は、先進国の中で資源もなく、少子高齢化が最も進んでおり、最も早く資本主義の限界を迎える国だと思われる。しかし、日本人の利他の精神や素養から、資本主義とは異なった主義を編み出し、推進していく事で他の国も良くしていく国だと信じている。それに対して、事業家、投資家、政治家、教育者なのか分からないが、何らかの形で関わって推進していきたいと思っている。

現時点は、それに向けた成長過程と据えて、企業や産業という1つの切り口から日本を良くする方向性でキャリア形成を考えている。

 

2.現在までの簡単な経歴

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

SNSでもご購読できます。

コメントを残す