公認会計士論文受験生がこの時期に学習するか否か!

8月の論文式本試験を受けられた方から、

発表までの期間に学習をした方がいいのかどうか、結構質問を受けますので、

今日は、発表までの過ごし方について、自分の考えを書いてみたいと思います。

 

まず、論文式本試験の手応えについての意味を明確にしておきます。

 

合格レベルの実力がある方でも、論文式試験の性質上、過去の合格者(実際は上位合格をしていた人でも)のほとんどが、手応えを感じられないものです。みんな合格発表までドキドキしながら、いざ発表を迎え、合格していたという感じです。

 

なので、手応えがないという表現も、合格している可能性がある中での手応えがないのか、

今年は記念受験的に受けたので、本当の意味で手応えがないのかは区別したいとおもいます。

 

その上で、ある程度合格レベルの実力があった方や、

合格している可能性がある方で、手応えを感じていない方は、

基本的に合格発表までは、一切学習しなくていいと思っています。

 

その理由は、以下の3点です。

1.リフレッシュも大切

論文式本試験まで相当集中して学習してきたと思います。それは本当にすごいことで、色々我慢していたこともあると思います。合格発表の2か月半ぐらいは、今まで我慢していたことを想いっきりやるでいいと思っています。また、その中で、会計士の学習では経験できないものも多々あると思いますので、この時期ぐらいは思いっきりリフレッシュしてほしいと思います。

 

2.周りもあまりできていない

手応えがないのは、周りの他の受験生も同じです。ふたを開けてみれば合格していることも多々あります。不安になる気持ちはわかりますが、発表までの間にそのような思いで学習をしてもあまり進まないと思いますので、それであれば、トコトン他のことに時間を使っていいと思います。

 

3.発表後からでも十分に間に合う

仮に、本試験の結果が望まないものであったとしても、そこから切り替えて学習すれば十分来年の8月までの仕上げられると思っています。

一番避けたいのは、発表後に気持ちの整理がつかず、なかなか学習に集中できないことです。発表後に切り替えるためにも、今の時期に思いっきりリフレッシュしておくのもいいのではないでしょうか。

 

 

上記が、自分が、この時期に学習をしなくていいと基本的には考えている理由になります。

 

その上で、今回の本試験がもともと記念受験的に受けていたり、科目合格狙いで手を付けていない科目があるなどの理由で、合格の可能性がほとんどないと感じている方もいらっしゃると思います。

そういう方で、今年は就職活動すら一切する気はないと感じ、来年の8月の合格の可能性を少しでも高めるために、気持ちを切り替え、今から学習を開始しようと思っている方については、学習を開始してほしいと思います。

 

その場合には、合格発表までは、計算科目の底上げに使っていただき、発表後は全科目、上級答練・直前答練・公開模試に向けて毎回1回転させるぐらいの気持ちでいいと思います。

そのため、年内は、ある程度計算重視でいいと思いますので、簿記・管理会計論・租税法などの計算部分の強化に努めてもらうのがお勧めです。

最終的には理論科目を仕上げたいのですが、より確実に合格を果たすためには計算力の強化が欠かせないので、まとまって時間を取れる年内に強化してほしいと思います。

 

具体的には、講義を見直し、理解を強化し、問題演習を積むことになります。

CPAであれば、圧縮講義などを受講し、問題集で演習を行うことになります。

 

具体的な理解強化の学習方法まで書くと、長くなるので、それは過去の記事を参考にしてもらえればと思います。

 

あと、今日も他のスクールで学習していた方が、複数人日吉校に相談に来ました。

ひとり一人置かれている状況も実力も異なると思いますので、キャリアについてでも、今後の学習方法についてでも、何か個別に相談がある方は、いつでもCPAの校舎にご来校ください。1時間程度相談に乗ります。

来週の9月2日(水)・3日(木)は、日吉校舎にて、11時~18時でどなたでも相談できるようにしますので、私に直接相談したい方は、校舎にお電話の上、個別相談を予約するようにしてもらえればと思います。 (上記日時以外でも、ご都合の合う日時で予約してもらって構いません)

日吉校TEL 0120-561-459

あ、ちなみに、9月2日は私の37歳のバースデイです。(関係ないですし、どうでもいいですねww)

 

 

東京CPA会計学院について

公認会計士試験合格率40%超を達成する東京CPA会計学院の
通学講座・通信講座の申込や教材の購入は,東京CPA会計学院サイトから可能です!


東京CPA会計学院サイトへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す