財務計算(簿記)を短期間で強化する方法!

他校で学習している多くの方から、計算力を高めるには具体的にどうすればいいのですかという質問をもらうので、

今回は計算力を短期間で高める勉強方法について説明していきます。

 

まず、計算力で大きく点数を稼ぐためには、

1.正しい理解をする

2.知識の定着を図る

3.アウトプットのための知識の定着を図る

という3つのステップが王道の方法であり、重要になります。

 

1.正しい理解をする

これは、簿記で言うのであれば、

① 複式簿記の原理を理解する

② 取引のイメージ・構造のイメージを正確に理解する

③ 具体的会計処理の内容を理解する

④ 財務諸表の結論のイメージを正しく持つ

などが必要です。

 

2.知識の定着を図る

これは、一つひとつの知識を暗記することです。

理解していないと暗記してもすぐ忘れることが多いので、1.の理解を強化することで結論の定着を図ることが効率的になります。

ただ、単に反復不足で定着していない方は、とりあえず反復しましょう。

 

3.アウトプットのための知識の定着を図る

これは、2.の知識の定着を問題を解くために使いこなすことを意味しています。

わかっている状態。知っている状態、なんとなくできる状態から、いつでもできるという状態への移行を意味しています。

 

問題での指示の与えられ方のパターン

引っ掛けポイント

問題に応じた解き方の判断

応用問題への対応方法

 

など、様々な視点から知識を得点力に変えることが必要になります。

 

上記のような流れの中で、簿記の点数が伸びない方は以下のようなケースが多く見受けられます。

 

1.理解不足で反復をしている(理解不足度高)

 理解が不足していて反復だけ繰り返し、その問題集の答えは暗記できるぐらいになっているが、所見の問題や答練ではなかなか点数が伸びない。

 

2.理解不足で反復をしている(理解不足度低)

 理解が不足している状態で反復しているので、問題集にある問題や似たような出題方法であれば得点できるが、応用問題になると途端に対応できない。

 

3.アウトプットの知識の定着が欠けている(理解不足度高)

 理解ができていないので、問題文を読むときにどのような問題で、どのように解けばいいのかの判断がなかなかつかない。

 

4.アウトプットの知識の定着が欠けている(理解不足度低)

 理解はそれなりにできているが、ひっかけポイントや問題の出題のされ方のパターンを押えていないので、答えを見れば納得できるが、なかなかテストで点数が伸びない。

 

 

理想は、理解もできていて、アウトプットの知識の定着もできているので、基本的な出題のされ方ではケアレスミスもほとんどしないし、多少応用的な出題がされても、対応できる状態にすることです。

 

でも、そこに近道はなく、理解を根本的に強化するのは時間がかかるので、

今日は理解不足度が低の場合の対策に重点を置いて対応策を見ていきます。

ある程度理解できているが、点数が伸びないとうかたには、短期間で比較的効果があると思います。

 

4.アウトプットの知識の定着が書けている(理解不足度低)

 理解はそれなりにできているが、ひっかけポイントや問題の出題のされ方のパターンを押えていないので、答えを見れば納得できるが、なかなかテストで点数が伸びない。

上記のような場合の対応策は、

論点を、テキストを使用して、丸ごと押えこむことです。

また、ある一つのパターンの問題を解いた際には、

他のパターンの解き方の確認も同時にイメージし、あいまいな点があるならテキストの戻って丸ごと復習してしまうことです。

 

例えば、リース会計なら

取得価額相当額の決定方法は?

減価償却方法は?

セール&リースバックの場合は?
後払い、前払いは?

月賦、年賦の違いは?

維持管理費用の取り扱いは?

貸手の処理は?

など、論点を根こそぎ押え、問題文を読みながら、数あるパターンを想定しながら、今回はこのパターンで出題されているなとイメージしながら読める状態にしてほしいと思います。その上で、あるパターンの問題を解いた際に、他のパターンで出題されていた場合の解き方も頭で想像し、あやふやなところはその段階で押えこむ。

これをするだけで、やみくもに問題を解くよりは効率的に、知識の定着漏れによる失点や、ケアレスミスは大きく減らせると思います。

 

2.理解不足で反復をしている(理解不足度低)

 理解が不足している状態で反復しているので、問題集にある問題や似たような出題方法であれば得点できるが、指示の与えられ方が普段と全く違う、推定など応用問題になると途端に対応できない。

場合の対応策は、理解度を強化しないとなかなか応用問題には対応しづらいため、応用問題の点数を取る対策よりは、基本的な問題を確実に得点するように4.の対策を徹底する方が効率的です。

 4の対策を徹底することで、知識の漏れもなくなり、時間的な余裕も生まれるので、応用的な問題をじっくり取り組めるようになり、間接的に応用問題の正答率を高めやすくなります。

 

 また、理解を強化しないで対応するためには、答練や問題集で出題された応用問題の解き方を納得することで、徐々に自分の中で典型問題にしていく地道な作業が必要になります。この方法でも少しずつ理解も強化され、得点力は上がります。

 

今回は、理解を強化しないで即効性のある対策という意味で書きました。

そのためには、まずはテキストをアウトプットの知識を意識しながら、結論を丸ごと押えこむが最も効率的です。そして、定期的に問題集や答練などでその習熟度をチャックしながら、改善点を把握したり、徐々に自分の中での典型論点・典型的な出題方式を増やしていくことがお薦めです。

そして、理解強化を主目的にしない中で、間接的な理解の強化の効果を狙う作戦です。

 

理解を強化したいのであれば、正しい理解をできる視点を持って、講義を受講し直す、テキストを読み直すなどの方法がありますが、それなりに時間がかかりますので、直前期にはお薦めできない方法になります。

 

その上で、理解を強化するのであれば、重要性の高い論点に絞って行うことで、効果を高めることも可能になります。

 

やみくもに反復してもなかなか効果は上がりませんので、しっかりと意図をもって、反復してほしいと思います。

計算力の強化は、短期間ではなかなか難しいですが、しっかり取り組めば確実に上がりますので、他の科目とのバランスを大切にしながら、効果の高い方法を採用してほしいと思います。

 

東京CPA会計学院について

公認会計士試験合格率40%超を達成する東京CPA会計学院の
通学講座・通信講座の申込や教材の購入は,東京CPA会計学院サイトから可能です!


東京CPA会計学院サイトへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す