公認会計士短答式本試験まで残り3日!

とうとう,残すところあと3日で公認会計士試験の短答式本試験です。

 

この日のために,今まで準備をしてきたはずです。

本試験で実力を発揮するために。

ここまでくれば,あとは,残り3日間ベストを尽くしたうえで,本試験にぶつけるだけです。

 

やれることをやり切り、実力を出し切る。

このことに専念することが大切です。

 

実力を出し切るために最も大切なことは,

『平常心』

だと信じています。

 

本番という独特の雰囲気の中で、いつも通りの平常心をいかに保つことができるのかが大切なことだと思います。

そのため,『平常心』を保ち実力を出し切るために大切なことをいくつか列挙します。

 

1.合格すると信じ,合格するイメージだけを持つこと

 明日の朝,本番の当日に,鏡の前で,自分の目を見て,言い聞かせてください。

 

 『やるべきことはやった。絶対に合格できる。』

 『とうとう本番だ。あとは,今までのものをすべて出し切るだけ。』

 『よし,やってやるか』 と。

 

 自分自身の目を見て,言い聞かせることはとても大切だと思っています。

 

2.試験中に,深呼吸をすること

 試験中に,難しい問題や答えの合わない問題に遭遇した時には,10秒から30秒ほど,冷静になる時間を取ることが大切になります。

 あせって,心拍数の高い状態から,平常心に戻るために。

 

 この時に,天井を見て,ゆっくり深呼吸を何度かすることをお勧めします。

 最初の2回ほどは,無心で。

 次の2回ほどは,絶対に合格する。平常心になろう。良し落ち着いて解こう。

 私も,自分が本試験を受けているときには,実践して、焦っている状態で問題を解かないことを意識していました。

 

3.常に解けると思って解く。飛ばす問題は思い切って飛ばす

 試験中に,難しい問題や答えの合わない問題に遭遇した時には,飛ばすのか,解くのかの判断は重要ですが,解くと決めた場合には,絶対に解けると信じて解くことをお勧めします。

 何が何でも解く。絶対に解けるという強い気持ちを持って,解くことにより,解ける可能性は高くなると信じています。

 もちろん,難しい問題はまず飛ばすのが鉄則です。

 その中で,解くと決めたときには,自信を持って臨むようにしてほしいです。自分自身に対して、絶対に解けるぞと伝えることを大事にしてほしいと思います。その上で、ある程度の時間を使っても解けなかった場合には、それ以上は引っ張らずに、次の問題に進んでいきましょう。

 思い切って飛ばす勇気を持つこと。そして、そんな問題はみんな解けないと思い、焦らないように意識してほしいと思います。

 a

4.科目ごとに振り返らない

 一つの科目が終わった後に,その科目を振り返らないことが大切です。

 私は,科目の間の時間はすべて,次の科目の勉強かお手洗い等に使っていました。

 間の時間に前の科目を周りの人と話す人がいますが,そんな暇はないという意識を持ってもらいたいと思っています。

 その時間も一つでも知識を確認する。それが,一問でも多くとるためにベストであると思っています。

 もっともよくないのは,終わった科目のことで落ち込むことです。

 振り返るのは,本試験が終了した後で十分です。本番の途中に振り返る必要はないと思います。

 

5.不安な気持ちに打ち勝つ  

 どんな人でも不安やプレッシャーが大きくかかってくると思います。大切なのは、プレッシャーをなくすことではなく、プレッシャーを乗り越えることだと思います。やるべきことはすべてやったのだから、あとは実力を出し切ることに専念する。いい意味での緊張感がありながら、リラックスしている状態が望ましいです。  そのためには、ここまでたどり着いた,自分自身を心から信じて,今までの歩んできたことに自信を持って、実力を出し切れば必ず合格できるという心境で臨むことが大切です。

 目標を設定し,ここまでたどり着いたこと自体が素晴らしいことです。そのことに自信を持って、本番を戦い抜いてと思います。

 残り、3日間は、重要性の高い論点をひたすら反復してほしいと思います。一つでも多くの知識を定着させることに専念してください。


  そして、本番当日は,平常心を保ち,ベストを尽くすだけです。

 平常心を保ち,みなさんが実力を出し切れることを心より願っています!!

 悔いのないように、やり抜いていきましょう!

 頑張ってください!!!

 

東京CPA会計学院について

公認会計士試験合格率40%超を達成する東京CPA会計学院の
通学講座・通信講座の申込や教材の購入は,東京CPA会計学院サイトから可能です!


東京CPA会計学院サイトへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す