公認会計士試験 短答直前期のアドバイス!

公認会計士の5月短答式まであと2か月余り。

完全な直前期に突入してきました。

 

これからの直前期の勉強方法を悩んでいる方も多いのかなと思います。

なので、今日は、直前期の学習方法についてアドバイスしていきたいと思います。

  続きを読む

5月短答・8月論文の合格を目指す方へ

5月の短答式を受ける方から、

5月の短答を合格し、8月の論文を合格するために何が大切ですか。
いつの時期から短答式に特化した方がいいですかという質問を良く受けています。

 

同じ疑問を持っている方も多いと思いますので、今回は、このテーマについて書いてみたいと思います。

 

1.論文対策について

まず、論文式特有の対策として、

租税法の学習

選択科目の学習

短答理論科目の論文対策

簿記の総合問題対策

が挙げられると思います。

 

この時に、どこまで短答前に論文対策を取るかは、5月の合格の可能性を徹底的に高めるという目標と、8月の論文合格の可能性を徹底的に高めるという目標が相反していますので、一人ひとりの本音としてどちらを優先するのかということに依存しており、一概には言えません。

 

CPAの生徒さんでも、租税の講義は半分ぐらいまで進めている方もいれば、すべて短答後に回している方もいます。

 

その上で、一つ大切にしてほしいことが、理論科目の理解を強化するということは、実は論文対策に大きく役立つという視点です。理論科目の理解は短答の得点に活きるのみならず、論文の対策を効率的にしてくれます。

 

そのため、5月の合格の可能性を高めると同時に、8月の論文合格の可能性を高めるためには、理論科目の理解を重視することがお薦めです。

それプラスアルファで、租税や選択科目の学習をどこまで進めるのかの選択になります。

 

2.短答科目の特化の時期について

ただ、これからの時期は短答科目に特化した方がお勧めですので、租税や選択科目を進めるとしても、それは3月までの時期にできる限りというのが一般的ですので、今からの時期は、理論科目の理解に時間を費やしてほしいと思います。

4月中は、理論科目の理解の強化も意識しつつ、5月に入ったら、ひたすら反復して定着に特化してほしいと思います。

 

不安な気持ちもあると思いますが、理論科目の理解が論文対策にもなっているという気持ちを大切にしてほしいと思います。

 

3.5月・8月に合格するために大切な視点①

短答後に、休息はとらず、次の日から徹底的に勉強してください。

租税法と選択科目のインプットは、大変ですが、6月中には終わらせてほしいと思います。

それは、5月までにどれだけ進めていたかに関わらずです。

その上で、7月以降は、計算科目の論文で重要性が高い論点だけは実力を維持する時間だけ確保し、その他の時間は、理論科目の文章対策と、租税経営の反復に費やしてほしいと思います。

 

4.5月・8月に合格するための大切な視点②

徹底的に費用対効果を意識して論点ごとの優先順位をつけることが重要です。

例えば、税法科目はどの程度やった方がいいですか、経営のファイナンスはどの程度やった方がいいですかという具体的な質問を受けることも多いですが、それに対する回答は、

徹底的に費用対効果を考えて強弱をつけるという基本方針に忠実に従うことがお薦めということになります。

 

例えば、

簿記の製造業とリース会計で考えると、

簿記の製造業会計は、20回に一度ぐらい短答の総合問題で出題されると仮定します。

また、リース会計は、10回中6回から7回程度個別の問題で出題されると仮定します。

 

その場合、1回あたりの本試験の期待値は、

製造業は、6点×2問(2問ぐらいしか製造業の論点ではない)÷20=0.6

リース会計は、6.5回×8点÷10=5.2

となります。

それぞれの範囲の復習に6時間かかるのであれば、一時間当たりの期待値は、

製造業が0.1

リース会計が0.85

程度と言えます。

つまり、リース会計の方が期待値が8倍以上あるので、当然にリース会計を優先的にマスターします。

 

過去の本試験の出題頻度と、その論点の復習に費やす時間、問題の難易度を勘案して、すべての科目のすべての論点の期待値を意識して、優先する論点を見極めてほしいと思います。

5月・8月に合格する方は、この優先度の選択が上手い傾向があります。

 

 

もちろん、すべての論点の期待値を正確に計算することなど不可能です。

でも、テキストを読み込むとき、問題集を解くとき、答練の復習をするときに、常にその意識を持って勉強の強弱をつけれるかどうかによって、効率は大きく変わります。

 

その視点から言えば、経営のファイナンスや法人税法の典型論点などは、期待値が当然に高いという理由で優先すべきです。

期待値が高いから優先するという理由を強く意識していないと、日々のすべての論点の復習の強弱が間違った方向に行く可能性があります。

 

ですので、45月の短答対策の時期には短答における期待値を、

6月・7月・8月の論文対策の時期には、論文における期待値を、

強く、強く意識するようにしてほしいと思います。

 

毎年、多くの方が、5月短答を合格し、8月の論文式を合格しています。

8月の合格を信じて、残り5か月間、一日一日最善を尽くしてほしいと思います!
自分自身の手で、
未来の扉をこじ開けて行きましょう!!

 

ケアレスミスを9割なくす方法!!

SNSで、とある受験生の方から、以下のご質問をいただいた。

財務の計算で減価償却の月割を忘れてしまったり、貸借を逆に書いてしまったりと簡単な間違いをしてしまい、点数を落としてしまいます。

こういったミスをしないためには普段から何を意識すればいいのでしょうか?

 

このようなミスは、一般的にケアレスミスと呼ばれていると思います。

そして、どんな学習や試験でも、ケアレスミスを少なくしたいという想いは、世界共通の悩みだと思います。

 

そのため、今回は、ケアレスミスを減らす方法について、想うことを述べたいと思います。

続きを読む

公認会計士受験生向け、お薦めイベント紹介!!

公認会計士受験生の皆さんにお薦めイベントの紹介です。

勉強に集中することも大切ですが、半日のイベントで合格後の世界観が広がったり、学習方法が改善されたりすることで、勉強の効率性が高まる効果が期待できます。
学びや気づきが多くあると思いますので、是非、積極的に参加してもらえればと思います。

 

1.受験生交流会&オフィスツアー

2. CPAtalks 2016

続きを読む

公認会計士受験生交流会&オフィスツアーの開催のお知らせ!

2月27日(土)16時~21時30分で

公認会計士受験生の皆さんを対象にした 監査法人オフィスツアー&受験生交流会を開催いたします!

 

公認会計士試験を学習中の方であれば、

学校や受験目標年度を問わず、どなたでも参加できます。

 

今回は、トーマツさんのオフィスツアーも同時開催しますので、是非、お気軽にご参加ください。

続きを読む

学びにおける理解と暗記の関係について考える!

人生生涯学習ですが、

その時に、とても大切なテーマが理解と暗記の関係だと思います。

 

受験勉強でも、資格試験の勉強でも、専門知識の学習でも、仕事で使う様々なノウハウの勉強でも、理解と暗記の関係、バランスをどのようにするのかというのは、とても難しい問題です。

 

この答えは、脳の仕組みに大きく影響されるので、まだまだ人類の英知では解明できていない部分も多いと思いますが、今日は、少し自分の知りうる範囲の内容を踏まえて、暗記と理解のバランスについて考えてみたいと思います。

 

結論から言うと、学習は最終的には暗記をしないとテストで点を取ることも、普段使うこともできないが、

理解をすることで10倍以上効率的に知識を定着させることができると思っています。

 

以下では、その理由を説明していきたいと思います。

  続きを読む

公認会計士試験 現状の試験傾向を踏まえ、5月短答に向けた簿記の対策の仕方について!

今日CPAでは、財務会計論の5月向け短答直前答練の第1回目の答練が実施されています。

 

目の前でテストを受けている学生さんを見ていると、全員5月に合格してほしいなという気持ちになります。

 

なので、解説の講義でも伝えましたが、現状の試験傾向とそれに見合った学習対策について少し説明していきたいと思います。

続きを読む

公認会計士向け FASキャリアイベント BIG4系勢ぞろい企画!

公認会計士の皆さんにお薦めイベントのご紹介です。

 

今回はMS-Japanさんが、公認会計士に人気のキャリアの一つのFASキャリアセミナーを、220日に開催します。

 

しかも今回は、BIG4系のすべてのFASで活躍する公認会計士が集結するとてもお薦めのイベントです。
私もパネルディスカッションのファシリテーターで参加しますので、

FAS
に興味がある
FAS
で働いている先輩会計士の生の声を聞きたい

BIG4それぞれの違いを知りたい

 

などの思いのある人は、是非お気軽にご参加ください。

 

イベントの詳細は、

下記のイベントページを参照してください。

http://www.kaikeinet.com/seminar/20160122-20039.html?adpl_cpak&re_adpcnt=1GP_2oi9

 

多くの人に出会い、多くの人を話を聞くことで、世界観は何倍にも広がります。

是非、若い公認会計士の皆さんには、積極的に行動して、自分の可能性を広げてほしいと思います!!

 

あずさ監査法人主催 会計士受験生応援イベント『会計士未来ゼミ』のお知らせ!

公認会計士受験生の皆さんにお薦めイベントのご紹介です。

 

今回はあずさ監査法人さんが、公認会計士受験生の応援イベントとして、

『会計士未来ゼミ』を2月9日に開催します。

 

先輩会計士から様々な話を直接聞けますし、オフィスも見学できるとてもお薦めの企画だと思います。

勉強のモチベーションアップに絶好の機会ですので、

勉強仲間と交流したい、合格した先輩会計士の方の話を聞きたいという方は、是非参加してみてください。

 

以下、イベント案内文です!

続きを読む

平成28年12月 公認会計士短答式合格発表及び試験範囲の改正について!

本日、1月12日に公認会計士試験12月の短答式本試験の結果が発表されました。

願書提出者数 7,030人

受験者数   5,479人

合格者数      863人

合格点      67%

という結果になりました。

 

合格されたみなさん、本当におめでとうございます!

また、監査審査会から、出題範囲の一部改正が公表されています。

 

上記結果から、

1.今後の展望について

2.今回の難易度について

3.試験範囲の変更について

4.8月の論文に向けて

5.5月の短答に向けて

 

について、色々所感を述べていきたいと思います。

 

1.今後の展望について

公認会計士試験の受験者数は、今年は昨年度と横ばい、来年以降は徐々に増加していくことが予想されます。そのため、本年も昨年と同様レベルの論文受験者とすることが予想されます。

中長期的には、公認会計士の合格者は、1,200名から1,500名で推移することが望ましいと考えています。受験者は15,000名程度で、合格率は8%~10%程度に落ち着くと考えています。

 

そのため、5月の短答式試験では、600名から650名程度の合格者を出す可能性が高いと思いますので、合格率も比較的高い水準が維持されるのではないでしょうか。また、受験者数が今後徐々に増加すると言っても、今後1・2年は大きくは増加しないと思いますので、合格率から見ても絶好のチャンスだと思います。

 

さらに、監査法人の需給バランスは、今後数年間は完全な売り手市場が続くと思いますので、合格後は、ほとんどの方が、大手監査法人に就職可能と思われます。その点も安心して学習してほしいと思います。

 

参考までに、過去の短答式試験の推移をまとめておきます。

短答式試験概要の推移

 

2.今回の難易度について

今回は、合格点が67%という結果になりました。平均点または科目別平均点は下記の通りです。

全体平均点 47.7%

科目別平均点

財務会計論 49.9%

管理会計論 45.9%

監査論   46.4%

企業法   47.4%

 

受験生が論文合わせて10,000人強、12月短答の願書提出者が7030人であったことを勘案し、過去の一般的な、論文合わせて15,000名、12月短答の願書提出者が10,000人強であれば、合格点は70%程度になっていたと考えられます。

そのため、難易度が優しかったという意見もあると思いますが、ごくごく平均的な難易度であったと理解してもらえればと思います。

 

そのため、科目ごとの合格点も

財務会計論   140点

管理会計論  65点

監査論    65点

企業法    70点

合計      340点

程度と言えるのではないでしょうか。もちろん、80%を目指すのであれば、

財務会計論     160点

管理会計論  80点

監査論    80点

企業法    80点

等が理想ラインになります。

 

正しい学習計画を立案するためには、可能な限り理想ラインに到達する学習を行いつつ、実際の合格ラインも正確に把握しておいてほしいと思います。

 

今年は、合格ボーダーを66%~68%で、本命67%と予想していたので、ぴったり当たって一安心です。ただ、合格ボーダーは、試験の翌日に最初の発表をしているので、多少ずれてしまう年もあるのが事実です。

その上で、まだ情報が少ない試験翌日の段階で、ある程度の正しい方向性を示すことがより大切と思い、毎年ボーダーを公表していますので、その辺はご理解ください。

個人的には、受験生一人ひとりが、正しい情報に基づき意思決定できることがとても重要だと思っています。また、教える講師側の立場としては、試験の難易度とボーダーを正確に予想できることは、本試験の合格レベルと、受講生のレベルを正確に把握していることの裏返しであり、日々の学習のアドバイスにおいて、目標点数とそれに達するための適切にアドバイスするためのベースの感覚だと思っています。

そのため、今後も、皆さんに役立つ情報を提供するためにも、教育者として正しい感覚を研ぎ澄ますためにも、できる限り正確なボーダー予想を発信していくように努めますが、外してしまう年もありますので、その辺は、ご勘弁くださいね。

 

3.試験範囲の変更について

本日付で、平成28年5月短答式、8月論文式の出題範囲が若干修正されています。

財務会計論では、修正国際基準が追加。

企業法は、商法の出題範囲が明確化。

租税法は、平成29年度(28年は除外)から組織再編成に関する税制が試験範囲に追加。

経営学はリスク管理などが追加

となっています。

 

詳細は、下記の監査審査会のWEBサイトを参照ください。

http://www.fsa.go.jp/cpaaob/kouninkaikeishi-shiken/hani28-b/02.pdf

 

財務会計論については、以前から国際会計基準なども一部含まれていましたが、国際会計基準の出題は限定的になっていますので、修正国際基準が追加されたことにより、大きな影響はないと思います。

最低限の対策は財務理論の中で対応していくことになりますので、ご安心ください。

 

企業法は出題範囲が明確になっただけで、実質的に変更はありません。

租税法と経営学の範囲の追加は、改正論点講義なので、対応していくことになると思います。

租税法は、今年の試験には関係ありませんので、ご注意ください。

 

4.8月の論文に向けて

12月の短答式本試験に合格されたみなさんは、本当におめでとうございます!!

残り8ヶ月間、ベストを尽くし、是非、8月の論文式試験の合格を勝ち取ってほしいと思います。

また、8月の論文合格者数は、基本的には1,000名から1,100名程度が想定されます。さらに、上述したように就職状況も絶好の売手市場ですので、安心してほしいと思います。

ただ、論文合格率という意味で言えば、

12月短答合格者>短答免除者>5月短答受験者であるという事実もありますが、短答に合格したことで安堵するのではなく、絶対に合格するという気合を持って取り組んでもらいたいと思います。

 

5.5月の短答に向けて

平成26年度の試験は短答合格者が1,403人(12月1,003人、5月402人)

平成27年度の試験は短答合格者が1,507人(12月 883人、5月624人)

平成28年度の試験は12月が863人

となりました。

短答合格者は1,500名程度になると思いますので、12月863名程度、5月600名から650名程度合格させるのではないでしょうか。

実質合格率(受験者に対する合格率)は、12月と5月合わせて、30%を超えてくる可能性がありますので、チャンスであることは間違いないと思います。

12月の短答で残念な結果だった方も、8月の論文の合格することこそが目的にはずです。でしたが、5月・8月と合格するために、気持ちを切り替え、原因分析をしっかりと行い、目の前のやるべきことに集中してほしいと思います。

 

合格を信じて、自分の可能性を信じて、頑張って行きましょう!!