公認会計士 短答式まであと2週間で留意してほしい3つのこと!

本日、12月向けの短答式模擬試験の第3回が終わり、

公認会計士 短答式本試験まで残り2週間となりました。

 

もう、泣いても笑っても本試験は目の前ですね。

 

模試でいい結果を残せた方も、いまいちな結果に終わった方も、

残りの期間でベストを尽くして、本番で実力を出し切ってほしいと思います。

 

過去の受験生でも、本試験で過去最高点を取って合格している方も多くいますので、
最後まであきらめずに、できることに集中してほしいと思います。

 

今日は、本番でいい結果を出すために、残りの期間で行ってほしい『3つ』のことを書いていきたいと思います。

  続きを読む

公認会計士試験 論文式成績通知書における得点比率について!その②

公認会計士試験の論文式本試験での得点比率についての続きの情報を説明していきます。

 

何が起こったのかは、昨日書いた以下のブログを参照してください。

『公認会計士試験 論文式成績通知書における得点比率について!』

https://cpakunimi.com/message-20151115.html

 

 

1.現時点での合格者について

現時点での合格者の方もソワソワしていると思いますが、現時点での合格という結果が覆る可能性はまずないと考えていますので、安心してほしいと思います。

過去にも、公務員試験・医師国家試験などで何かしらのミスで追加の合格者が出た事例はありますが、取り消した事例は現時点では確認できていません。

そのため、現時点で合格している皆さんは、安心して就職活動をしてほしいと思います。

続きを読む

公認会計士必見 実務Excel講座11月・12月開催のご案内!

公認会計士必見!

東京CPA会計学院の実務Excel講座のお知らせです。

 

公認会計士に合格された方はもちろん、会計・財務職や、金融関係、コンサル関係の業務を行う場合には、Excelの知識は必須になります。

 

Excelの初心者から中級者まで、皆さん我流でExcelを扱っているのが現状です。

当講座に参加することで、業務効率が大きく改善しますので、今後の長い社会人生活を考えれば、一日受講することをお薦めします。

 

各企業さんでの研修も行われますが、当講座はクオリティーの面で一線を画していると自信を持っています。

過去の公認会計士の参加者からも、事務所の研修よりも圧倒的にクオリティーが高いという感想を多くいただいております。

Excel技術を極めるだけで、年間100時間程度の作業時間を効率化図れることも多々あります。

基礎編は、毎月開催

応用編は、2か月に1回のペースで継続開催いたしますので、

是非、一度足を運んでみてください。

 

直近では、

11月21日(土) 基礎編

12月12日(土) 基礎編

12月19日(土) 応用編

が開催されます。

 

講座の詳細は、下記WEBサイトをご参照ください。

http://cpa-net.jp/skill/excel-skill-basic.html
基礎編は無料体験も実施しておりますので、是非ご活用ください。

 

 

来年の公認会計士論文式試験に向け始動する皆さんへのアドバイス!

 

公認会計士試験の論文式の合格発表も終わりました。 今年は、成績通知書における企業法の偏差値などで、議論も巻き起こっておりますが、個人的には、監査審査会が、企業法における集計ミスを認め、追加合格をする方向に向かうのではないかと思っています。

 

この問題に関しましては、明日以降も情報を集め、わかり次第再度ブログにUPします。

現時点での情報は、以下のブログを参考にしてください。

 

公認会計士試験 論文式成績通知書における得点比率について!

https://cpakunimi.com/message-20151115.html

 

その上で、本日は、来年の論文式本試験に向けて再始動する方にアドバイスを送りたいと思います。

また、今日のアドバイスは、厳しく聞こえるかもしれません。

しかし、皆さんが接する私以外の方は、優しい言葉を掛けてくれるはずです。だからこそ、敢えて厳しい言葉を掛けたいと思います。

続きを読む

公認会計士試験 論文式成績通知書における得点比率について!

論文式本試験の成績通知書の偏差点について、異常点の報告が多く寄せられています。 このことについて、気になっている方も多いと思いますので、現時点で判明している情報と、その情報から私が感じることを述べたいと思います。

 

1.そもそも偏差点とは

公認会計士の論文式試験では、偏差値により合否が決定していると理解してください。得点比率52%以上が合格というのは、偏差値52以上の方が合格ということとほぼ同義を意味しています。

そして、各科目ごとに得点比率(偏差点)を算出し、その合計数値を科目数で除すことによって、総合成績における得点比率(偏差値)を算定しています。

続きを読む

平成27年度 公認会計士試験合格概要と今後の予想!

本日は、平成27年度の公認会計士試験の合格発表が行われました。 合格されたみなさん、本当におめでとうございます!

心から、お祝い申し上げます。

 

皆さんの努力が実った結果ですので、自分自身を心から褒めてあげてほしいと思います。

今日は、各学校さん主催の合格祝賀会に参加する方も多いと思います。

 

家族・勉強仲間・講師などと、心から合格の喜びを分かち合ってください。

今日ぐらいは、羽目を外していいと思います(外し過ぎて、警察だけには連行されないでくださいww)

 

以下では、本年度の試験概要と、今後の試験制度の推移を観ていきたいと思います。

続きを読む

公認会計士論文式後に働きながら学習を行う方向けのお薦め情報!

公認会計士試験の論文式の合格発表が、1週間後に迫ってきています。

発表待ちのみなさんは、これからの時期は、ドキドキしてしまう時期です。 もう、結果を待つしかないですので、 合格を信じて、当日を迎えてほしいと思います。 見事合格された方は、当日から監査法人の面接の申込や、各専門学校が開催する合格祝賀会、教会や補修所関連の手続きなど、バタバタする日が1か月程度続くと思いますので、あっという間に年末になってしまうと思います。

皆さん全員の合格を心から祈っています。

しかし、勝負の世界ですので、合格する方もいれば、残念な結果になってしまう方もいるのが現実です。

残念な結果になってしまった場合には、気持ちを切り替えて、前を向いていってほしいと思います。

そのため、残念な結果になってしまった場合のために、いくつかのお薦め情報をお伝えしたいと思います。

 

1.PWCあらた監査法人の公認会計士受験生採用情報

2.優成監査法人の公認会計士受験生採用情報

3.MS-JAPANの就職・転職個別相談会

続きを読む

公認会計士学習中のモチベーションの維持方法について!

公認会計士の学習中にモチベーションで悩む方は多いと思います。

・なかなか勉強に集中できない

・勉強よりも他の予定を優先してしまい、学習時間が確保できない

など、色々な悩みがあると思います。

 

しかし、会計士試験に合格するための学習時間を確保することは大切ですし、同じ学習時間でも集中して学習するか否かにより、数倍の効果の差も出てしまいます。

 

そのため、今までもモチベーションについては、多くの記事を書いてきましたが、再度要点をまとめて書いてみようと思いました。今、モチベーションで壁を感じている方に少しでも参考になればと思います。

続きを読む

公認会計士 公認会計士受験生向け11月・12月開催イベント情報!

今回は、公認会計士・税理士の方や公認会計士論文受験者の方に

お薦めの4つのイベントをご紹介したいと思います。

 

1.11月15日(日)開催 『プロボノとは NPO法人会計入門研修』

2.11月開催 『実務Excel講座無料体験講座』

3.   11月21日(土)・12月12日(土)・19日(土)開催『実務Excel講座 基礎編&応用編』

4.11月7日(土)開催『Word原理解明講座』

続きを読む

大人の教養 第21回『社会とは~自由と規制・格差と平等のバランスを考える~』

大人の教養として、社会全体に対する見識はとても重要だと思います。

 

少子高齢化社会・エネルギー問題・財政問題・環境問題・外交安全保障・歴史認識・貧困問題・教育etc様々な課題が生じていることは認識している中で、家族・仕事という直面することを優先して生きているのが我々現代人だと思います。

 

でも、本当にそれでいいのでしょうか。社会がうまく機能しないと、我々ひとり一人の幸せも生活もすべてが崩壊してしまう可能性もあります。日本の政治がうまく機能しないのも、我々国民が無関心だからという側面も否定できません。
また、将来的に自分の生活を守り、子供たちが生きていく社会を創ることもとても大事だと思っています。

 

だからこそ、日々の直面する事象だけでなく、自分の時間の1%だけでも、

社会全体のことを学び・考え、より良い社会の実現のために行動することが求められているのではないでしょうか。

続きを読む